LINEで送る
Pocket

ウィンドミルのスタートライン、ブラッシング!

これからソフトボールの投球方法であるウィンドミルをこれからはじめる方向けに何に気をつけて、どのように練習をすれば良いか具体的な方法をお伝えしていきます。

試合でいいピッチングが出来るようになるまでには、地道な反復練習と時間がかかりますが、誰もが通ってきている道なので一緒に頑張っていきましょう。

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアルはこちら】
 

スポンサーリンク


 

ブラッシングって?

ウィンドミルの基本で一番重要なことはブラッシングです。

ウィンドミルは投げる時に腕と身体(主に腰)にあてなければません。

これをブラッシングと言います。

ブラッシングがウィンドミルのスタートであり、今後上達していき、スピードやコントロールの精度を高めていく上で、ものすごく大切な事なのでしっかりと基礎を固めていきましょう。

ブラッシングを練習する投球方法と気をつけるポイントを解説していきます。

ウィンドミルのイメージとして、腕を一回転させて投げるイメージだと思いますが、ブラッシングを習得する為には、腕は回転させずにしっかり腕を腰にかすらせる(当てる)事を意識した練習からのスタートになります。

では、早速やってみましょう。

まず、投げる方向に対して、写真の様なフォームをつくりましょう。

まずは写真を見ながらゆっくり力を抜いてやってみてください。

はじめはボールを持たなくて大丈夫です。

身体:真横
顔:投球方向
グローブの手:投球方向にまっすぐ延ばす
投げ手:12時の方向に延ばしましょう。
歩幅:肩幅位に立ってください

そして、重力に従って腕は上から下に振り下ろしてください。

振り下ろす時、腕は肩の後ろに通らないように意識してください。

投げ手の手のひらは外を向けて、小指を先行して真下に振りおろしてください

変な振り下ろし方をするとブラッシングの時にあたりどころが悪くて痛いです。

投げ手を振り下ろすと同時にグローブは投球方向から身体の方に引きつけてください
 

スポンサーリンク


 

ここからがメインのブラッシングです。

ブラッシングは肘を腰の骨か太ももの上にこする(当てる)イメージになります。

当てた時に手首は自然に返ります。
理屈としてはテコの原理を使って投げています。

また、リリースについては、この段階ではあまり気にしなくて大丈夫です。

はじめは、肘が腰に当たらなかったり、逆に当たりすぎたりと安定しないですが、慣れるまでは試行錯誤して、スムーズにこするポイントを探していきましょう。

次のステップでは、腰をきる動きも入ってきますが、今は身体は投球方向に対して真横を向いた状態で投球してください。

外でやる場合は、キャッチャーや壁、ネットに向かってボールを投げてください。

ただ、この練習はグローブに投げれば家でも出来ますので、時間がある時はやる癖をつけましょう。

まずは、肘を腰に当てる事が慣れないので、慣れるまでこの練習を繰り返しましょう。

3ヶ月〜6ヶ月くらいの間は基礎を固める為にキャッチボールに取り入れましょう。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket