LINEで送る
Pocket

腕を回してみよう

ブラッシングのコツをつかんできたら、次は実際に腕を回してウィンドミルで投げてみましょう。

【ブラッシングからはじめる方はこちら】

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアルはこちら】
 

スポンサーリンク


 
まず、投球方向に対して、下記の体勢をフォームをつくりましょう。

身体:真横
顔:投球方向
グローブの手:投球方向にまっすぐ延ばす
投げ手:3〜6時の方向に延ばしましょう。
歩幅:肩幅位に立ってください

腕を回す時、始めは力を抜いてゆっくり回しましょう
後は身体の構造的に勝手に腕が回ります。

早い球を投げたい気持ちから早く回す意識が強くなりがちですが、力は抜きましょう。

投げ手は上達してくると手のひらが下を向いたり、外側を向いていたり、内側を向いていたりと人によって様々ですが、まずは手のひらは下を向けて回し始めてください。

両腕が投球方向に伸びたら、胸は正面に開いてくると思います。
この時、左肩が外に開かないように我慢してください。

左肩が開いてしまうと癖になってしまうので注意してください。

投げ手が12時の位置になると、投球方向を向いていた胸が横を向きます。

弓を引くようなイメージです。

 

スポンサーリンク


 

ここから腕を振り下ろしていきます。

※上から振り下ろす時のスピードがポイントになりますので、慣れてきたら力まず早く振り下ろすように意識してください。

写真だとわかりにくいですが、
投げ手の手のひらは外を向けて、小指を先行して真下に振りおろしてください
変な振り下ろし方をするとブラッシングの時にあたりどころが悪くて痛いです。

ここからグローブは身体に引きつけていきます。

この時、身体は左右対象の動きを意識してください。

ブラッシングは肘を腰の骨か太ももの上にこする(当てる)イメージになります

当てた時に手首は勝手に返ります。

リリースの瞬間、手首を中心に力を入れてをボールを真下にきってください

この段階では腰の動きは気にしないで大丈夫です。

リリースと同時にグローブは胸に抱えるようにしましょう。

※室内で練習するのであれば、身体に引きつけつつ、グローブに投げましょう。

リリース後は反動で投球方向に腕がいきます。
この練習もブラッシング同様にグローブに投げれば家でも出来ますので、時間がある時はやる癖をつけましょう。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket