LINEで送る
Pocket

ソフトボールのバッティングを学ぼう!

ソフトボールをはじめる方で野球出身の方は多いのではないでしょうか。

一見野球とソフトボールのバッティングは同じ打ち方で大丈夫に感じますが、実は構えや意識するポイントは違います。ピッチャーが遅ければ野球の時のバッティングフォームでも打てるのですが、スピードの早い投手になると間違いなく打てなくなります。

これからソフトボールをはじめる方が注意するべきポイントを紹介していきます。

【ソフトボール-バッティング習得 完全マニュアル】

 

スポンサーリンク


 
まずは構えです。

トップの位置を作った状態で構えます。
重心は左打者なら左足、右打者なら右足に比重をおきます。

ピッチャーによっては一球一球間合いを変えて投げており、時にはクイックで投球するピッチャーもいるので、テイクバックしてトップの位置を作った状態で構えておけばクイックで投げられても対応ができます。
テイクバックの動作をいれてしまうと、一球一球変えてくる間合いへの対応が難しくなってしまいます。

また、構える時はなるべくバットは立てます。ソフトボールはライズボールという浮き上がるボールがあるので、対応出来るようにバットは立てて構えます。

ここからピッチャーのフォームに合わせて始動していきます。

タイミングのとり方は人それぞれですが、なるべく大きな動作にならないように気をつけましょう。

足を引きつける時、野球とは異なり、一本足打法や振り子打法のような引きつけ方をしている選手は基本的にはいません。ソフトボールはマウンドからフォームまでの距離が短いので、足を上げたり、ゆったり引きつける動作を入れると野球と間合いが違うので振り遅れてしまいます。なので引きつけるときはなるべくすり足で引きつけるようにしましょう。

引きつけたらコンパクトにスイングをしていきます。

重心は左打者なら左足、右打者なら右足にのこします。
足を引く時、踏み込む時には目線(頭の位置)をぶらさないように注意してください。
ソフトボールのウィンドミルのピッチャーの場合、ライズボールとドロップの上下の動きになるので、野球以上に目線をぶらさないように注意してください。
 

スポンサーリンク


 

スイングの動作自体は野球と同じで、レベルスイングでバットのヘッドはしっかり立てて打ちましょう。
ボールをしっかりと引きつけて身体の近くにポイントをおきましょう。

インパクトの瞬間に力をいれてバットにボールをのせるイメージでスイングをします。

片手を離さないでしっかりと両手で振りきりましょう。

基礎的な部分は野球とあまりかわりありませんが、細かくみてみると違いがいくつかあります。
おさらいすると構え足の引きつけ方目線(頭の位置)を注意してソフトボールのバッティングをしてみてください。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-バッティング習得 完全マニュアル

【打者プロフィール】
丸山友輔(まるやま・ゆうすけ)
神奈川県出身。藤嶺学園藤沢高等学校では野球部に所属し神奈川県ベスト4、その後東海大学に進学し、インカレに出場しベスト16。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket