LINEで送る
Pocket

決め球や打たせる球に最適なドロップをマスターしよう

野球では落ちる球はフォークやスプリット、カーブ等がありますが、ソフトボールだと落ちる球といえば、ドロップです。ドロップは決め球や球数を減らす為に、打たせる球と使い勝手が良い球種になりますのでぜひマスターしましょう。

【ソフトボール-ウインドミル習得 完全マニュアル】

スポンサーリンク

ボールの握りは?

ボールの握りは様々で、ストレート(フォーシーム)の握りのまま投げる選手や写真のように縫い目にそって、ボールを握る選手もいます。
今回は縫い目にそって指をかける握り方をお伝えします。


※正面


※斜め


※上

「人差し指」「中指」を全て縫い目にはかけず、「人差し指」と「中指」の左側部のみ縫い目にかけます。

縫い目にかける位置等は投げ方にあった握りを探してみてください。

実際に投げてみよう!

まずは動画でイメージをつかみましょう。

リリース後は、特徴がありますが、それ以外に何が異なるのか解説していきます。

基本的なフォームはストレートもドロップも一緒になります。
力を抜いてセットポジションに入ります。

この時重心は後ろ足にある状態です。

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

前足に全ての重心を乗せて

両足で一気に前に蹴り出します。

ストレート同様、グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

グローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます。

ポイントとして、ドロップの場合、ステップは半歩位短くします。

ここから一気に腕を振り下ろしていきます。

親指を先行させて振り下ろしていき、そのままリリースします。
ストレートと違う点として、腰をきらないように意識しましょう。

リリースする時は、ドアノブを左にひねり、ボールは地面に叩き付けるようなイメージになります。

しっかりと、ボールに回転をかける事を意識しましょう。

リリースをした後は勝手に投球方向に腕が前に出てきます。

リリース時のイメージは今回、ドアノブをひねるイメージで説明しましたが、人によってはリリース時にボールを転がす等、人によって投げ方はいろいろ異なるので、今後も色々な投げ方を解説していきたいと思います。

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket