LINEで送る
Pocket

大阪グローバル、平林金属が首位をキープ

2018年男子ソフトボール日本リーグの第2節は6月2・3日に東日本リーグは岐阜県羽島市羽島市運動公園木曽川堤外正木運動場、西日本リーグは大阪府大阪市セレッソスポーツパーク舞洲で行われた。大阪グローバル、平林金属ともに首位をキープするも勝ち星1つ差でダイワアクトとホンダエンジニアリングがせまり、優勝が決まる第3節も見逃せない。

スポンサーリンク

【東日本リーグ】

《6月2日》

第1試合
日本エコシステム 2-3 大阪グローバル
デンソー 3-2 埼玉県庁クラブ
豊田自動織機 5-7 YKK
ホンダエンジニアリング 4-3 トヨタ自動車

第2試合
大阪グローバル 1-0 デンソー
埼玉県庁クラブ 6-8 日本エコシステム
豊田自動織機 2-5 ホンダエンジニアリング
YKK 4-3 トヨタ自動車

《6月3日》

第1試合
日本エコシステム 3-7 YKK
大阪グローバル 3-7 豊田自動織機
トヨタ自動車 2-1 埼玉県庁クラブ
デンソー 4-2 ホンダエンジニアリング

第2試合
日本エコシステム 3-1 豊田自動織機
大阪グローバル 3-1 YKK
トヨタ自動車 5-6 デンソー
埼玉県庁クラブ 2-5 ホンダエンジニアリング

【西日本リーグ】

《6月2日》

第1試合
大阪桃次郎 3-10 愛媛ウエスト
平林金属 4-3 旭化成
高知パシフィックウェーブ 11-1 ジェイテクト

第2試合
Neo長崎 2-4 ダイワアクト
旭化成 0-6 高知パシフィックウェーブ
ジェイテクト 1-10 平林金属

第3試合
Neo長崎 2-13 大阪桃次郎
愛媛ウエスト 4-3 ダイワアクト

《6月3日》

第1試合
ダイワアクト 4-3 平林金属
ジェイテクト 0-2 Neo長崎
旭化成 13-3 愛媛ウエスト

第2試合
大阪桃次郎 4-0 ジェイテクト
高知パシフィックウェーブ 4-3 愛媛ウエスト
旭化成 2-3 ダイワアクト

第3試合
大阪桃次郎 5-2 高知パシフィックウェーブ
Neo長崎 5-11 平林金属

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket