LINEで送る
Pocket

【選手インタビュー】第1弾トヨタ自動車 黒岩誠亥選手

こんにちは、Softball Times編集部です。

新しい企画の選手インタビュー!!記念すべき第1回はトヨタ自動車を引っ張る若きキャプテン黒岩誠亥選手(以下 黒岩選手)にインタビューをさせていただきました。

【先読み】
・実は野球部出身??入部の経緯とは
・メンバーの前でキャプテンになるとミーティングで宣言
・チームの課題は1点を取る集中力

トヨタ自動車は男子東日本リーグに所属している実業団チーム。昨年(2017年)は東日本リーグ1位、決勝トーナメントベスト4の強豪チームです。若くしてチームを引っ張る黒岩選手にキャプテンになった経緯や今後の豊富等を伺ってきました。
 

スポンサーリンク


 

出身校は男子ソフトボール界の強豪!!だけど野球部出身!!

 
Q:経歴と入部の経緯について教えてください
A:男子ソフトボールの強豪長崎県立大村工業高校出身なのですが、実はソフトボール部ではなく、野球部の出身なんです。高校卒業と同時にソフトボールとか関係なく、トヨタ自動車へ就職する事が決まっていました。そんな時、ソフトボール部監督の山口先生からトヨタ自動車ソフトボール部の入部を進められて入部する事になりました。

Q:野球出身という事で苦労した点とかありましたか?
A:ウィンドミル特有のライズボールと、ドロップには苦労しました。打つ方もなのですが、今は外野手ですが、元々はキャッチャーで捕る方も全くダメで、ピッチャーの方に投げてもらって、ボールの軌道を覚えるようにしたり、いろいろ工夫して結局慣れるまで1年位はかかりました。

いつかはキャプテンになると言い切ったミーティング

Q:日本リーグの中では恐らく最年少キャプテンだと思うのですが、キャプテンになるきっかけや意識していることはありますか?
A:1年目からありがたいことに試合にださせてもらっていて、その時からいつかはキャプテンになると意識していました。とあるミーティングでいつかはキャプテンになると、メンバーの前で言った事があって、それがきっかけだと思います。まさかこんなに早くなるとは思っていませんでしたが(笑)

キャプテン像としては、元キャプテンの西森さんをいろいろ参考にさせていただいてます。
自分は何か指示を出して、メンバーを引っ張っていくタイプではないので、声出しや試合に対する姿勢をしっかりみせて、メンバーがそれを見て真似したり、ついてきてくれれば良いなと思っています。

それ以外に意識している事は、リーグ戦とかですと、2日で4試合する事もあるので、体力や精神的にしんどい時が絶対出てくるので、そういう時に一番元気を出すようにしています。


 

スポンサーリンク


 

2018年のリーグ戦に向けて

 
Q:東日本リーグは1位で決勝トーナメントは準決勝で敗退となってしまいましたが、結果をふまえて、どのように取り組まれているんですか?
A:去年の決勝トーナメント準決勝の大阪桃次郎戦で3対2で敗れて、しかも最後のバッターは自分とキャプテンとしての勝負強さも必要だなと感じた試合でした。絶対に1点をとらないといけないシーンが1年間を通して多くあるので、チームとしても、1点をとる集中力が必要だなと感じ、がむしゃらに1点をとる事をチームとしても意識しています。

Q:2018年チームの目標を教えてください
A:もちろん日本リーグ優勝です。

A:選手としての2018年の豊富を教えてください。
A:昨年は5割という成績を残す事が出来て、首位打者をとる事ができましたが、第1節の成績がよく、その貯金があったから残せた成績だったと思っています。今年は調子のいい状態を1年間通して出せるようにしていきたいのと、数字的には昨年の成績を超えるようにしていきたいです。

Q:最後に男子ソフトボール界を盛り上げる為に何が必要だと思いますか?
A:まずはお客さんに見に来てもらう事が一番だと思っています。その時にいかにソフトボールの魅力を伝えるかが選手の役割だと思っています。ただ現在は、東日本リーグよりも、西日本リーグの方がレベルが高いと言われているので、東日本リーグのレベルをもっと上げて、そうする事によって西日本リーグにも良い刺激になって、結果的に男子ソフトボール界全体のレベルが上がって、見に来てもらったお客さん達にソフトボールの魅力を今以上にわかってもらえるようにしていきたいです。


 

終わりに

黒岩選手についてや、2018年のチームの目標についてお話いただきました。
試合では、外野から声を出して、チームを盛り上げ、攻撃前のミーティンでもインタビューの中であったように黒岩選手からまず1点という掛け声があり、1点に対する集中力をメンバーに意識させている場面が印象的でした。2018年日本リーグ優勝を果たして、改めてインタビューさせていただきたいです。
本日はありがとうございました。

【プロフィール】
黒岩誠亥(くろいわ・せいい)
長崎県出身。長崎県立大村工業高校野球部からトヨタ自動車ソフトボール部に入部。現在はキャプテンとして、チームを引っ張る。2017年は打率5割、本塁打6本の成績を残し、東日本リーグ個人表彰で最高殊勲選手賞、首位打者賞、本塁打王、ベストナイン賞(外野手)の4部門で表彰される。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket