LINEで送る
Pocket

ピッチングの醍醐味、飛んで投げよう

ここまで、ウィンドミルの投げ方や下半身の使い方等、地味ですがソフトボールのピッチャーをはじめる上では凄く大切な事をお伝えしてきました。

今回はいよいよジャンプして投球する方法をお伝えしていきたいと思います。

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアルはこちら】

 

スポンサーリンク


 

投球動作の流れは以下になります。

1、セットから投球モーションに入る

2、前足にタメをつくる

3、前に飛ぶ

4、引きつけながらリリースする

 

1、セットから投球モーションに入る

力を抜いてセットポジションに入ります。

この時重心は後ろ足にある状態です。

投球モーションに入っていきます。

※ルールとして、両足をプレートにつけてセットポジションで2秒静止します。

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

 

2、前足にタメをつくる

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

このタメは、前に飛ぶ際に非常に重要になりますので意識しましょう。

グローブは腰骨に置いておくイメージです。

 

3、前に飛ぶ

前足に全ての重心を乗せて

両足を一気に前に蹴り出します。

ここからは下半身手動で投球動作を行っていき、身体が開かないように素早く腕を回していきます。

グローブをはめた手を前方に突き出して顔の高さを意識します。

合わせてボールを持っている方の腕は力を抜いて回しだします。

飛ぶ時は、真上に飛ばないように注意しましょう。

グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

またグローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます。

 

4、引きつけながらリリースする

前足を踏み込んだらしっかりと重心を乗せ、グローブを胸に引きつけると同時に12時の位置から一気に振り下ろしていきます。

身体が開くとブラッシングの位置が一定にならなくなるので、コントロールが定まらなくなってしまいます。

後ろ足は前足にぶつけるように素早く股関節をしめます。

リリースの瞬間、一番力を入れて指でボールをはじきます。

リリースをした後は勝手に投球方向に腕が前に出てきます。

ポイントは体重移動をあくまで下半身手動になりますので、手投げにならないように意識しましょう。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル

【投手プロフィール】
高橋宏允(たかはし・ひろみつ)
東京都出身。飛龍高等学校(静岡)から東海大学(神奈川)に進み、投手としてインターハイベスト8、インカレベスト8。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket