オンラインレッスン横長バナー

ウィンドミル外国人

ソフトボールのウィンドミルをはじめて球速も徐々に上がってきて、ピッチングに安定感が出てきたら変化球を習得したくなりますよね。今回はウィンドミルで投げることができる7種類の変化球を紹介していきます。
 

スポンサーリンク


 

ライズボール

ライズボールは野球にはないソフトボール特有の変化球です。通常投げてからキャッチャーが捕球するまでのボールの軌道は徐々に落ちていきますが、ライズボールは逆に浮き上がっていくので、三振を奪うために有効な変化球です。しかし、軽い球質なので長打が出やすいのも特徴です。

ドロップ

ドロップは野球でいうとフォークと同じ沈むボールです。決め球や球数を減らすために打たせてとる時には非常に有効な変化球です。

チェンジアップ

チェンジアップはタイミングを外すために有効な変化球です。比較的すぐに習得が可能なので、まずはチェンジアップを試すことがおすすめです。チェンジアップの投げ方はいろいろあるので、自分にあった投げ方を試してみてください。

スライダー

スライダーは利き腕の逆方向に曲がっていく変化球です。ウィンドミルでは横に回転をかけることが非常に難しいので、スライダーを投げる投手はあまりいません。しかし、2018年にストライクゾーンが改定されたことによって、ホームプレートにボールが接すれば(ボールがかかっていなくても)ストライクになりました。スライダーを使いこなせばコースを広く使える投手になれますので、チャレンジしてみて下さい。

 

スポンサーリンク


 

ローライ

ローライはライズボール同様に浮き上がるボールです。しかし、通常のライズボールと異なる点は、低いコースに投げて低めからストライクゾーンに浮き上がっていくことです。打者目線からすると地面につくと錯覚しボールを見送ろうとした時に浮き上がってくるので、低めの見極めが非常に難しくなります。

チェンライ

チェンライはチェンジアップのように遅くて打者の手元で最後に浮き上がる変化球です。打たせるためには有効な変化球です。

チェンドロ

チェンジドロはチェンジアップのように遅くて打者の手元で最後に落ちる変化球です。チェンライと同じように打たせるために非常に有効な変化球です。チェンジアップの握りでドロップの投げ方をすれば投げることが出来るので、試してみてください。

まとめ

今回、7種類の変化球をご紹介させていただきました。変化球は投球フォームや手の大きさ、指の長さによって自身に合う変化球が異なります。まずは色々な変化球を試してみて、自身に合うものを習得してみてください。

【まとめて読みたい方】

スポンサーリンク

ウィンドミルの悩みありませんか?

オンラインレッスンピッチング画像ピッチングレッスンは、オンライン完結型のピッチング指導サービスです。
ソフトボールのピッチャーをこれから始める方やピッチャーを始めて時間がたち伸び悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ソフトボールは野球と異なり指導者も少なく正しい指導を受ける環境がありません。オンラインレッスンでは、スマートフォンでウィンドミルの動画を送るだけで、簡単にソフトボールのピッチングレッスンを受けることができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事