LINEで送る
Pocket

習得しやすい変化球チェンジアップ!!

今回は、変化球の中でも比較的に簡単で習得しやすいチェンジアップの投げ方をお伝えします。
意識すべき点だけ気をつければ、様々なアレンジが可能ですので、握り屋方や、リリース時の抜き方等いろいろアレンジしてみてください。

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル】
 

スポンサーリンク


 

まずはボールの握り方です。今回はオーソドックスなボール全体を覆う握り方でお伝えします。

ストレートとは異なり、ボール全体を覆うように握り、リリース時に抜きやすいように軽く持ちます。

親指と人差し指は2本の指で◯を作るイメージで握ります。

では、実際に投げてみましょう!

まず、動画でイメージをつかみましょう

しっかりと抜いてますね!!どのように抜いているのか解説していきます。

【ポイント】
・腕の振りはストレートと同じようにする
・下半身主導で投げる
・リリースの手前は手の甲をから抜いていくイメージ

基本的なフォームはストレートもチェンジアップも一緒になります。
力を抜いてセットポジションに入ります。

この時重心は後ろ足にある状態です。

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

前足に全ての重心を乗せて

両足で一気に前に蹴り出します。

ストレート同様、グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

グローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます

スポンサーリンク

ボールは外向きにして、腕を回します。

そうするとリリースの時にボールを抜きやすくなります。

ここから一気に腕を振り下ろしていきます。
ストレートと同じ意識で振り下ろしていきます。

リリースの時に腕の振りがゆっくりになってしまうとチェンジアップだとわかってしまうので、腕の振りがゆっくりにならないように意識してください。

腕の振りがいかにストレートと同じにするかがチェンジアップのポイントになります。

リリースの手前は手の甲をから抜いていくイメージになります。

しっかり腕を振ればフォロースルーもしっかり投球方向に腕が出てきます。

ストレートと同様で、手投げにならないように基本は下半身主導を意識して投げてください。

はじめはリリース時に上手く抜く事が出来なくてキャッチャーまで届かなかったり、逆に高すぎたりしてしてしまいますが、いろいろ自分なりに握り方やボールの抜き方を工夫してみて自分にあった投げ方を習得してみてください。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket