ウィンドミル横長バナー6000円

1、ウィンドミルとは?

ウィンドミルとはソフトボールの投げ方の1つです。ボールを持つ手を大きく1回転させてボールを投げます。その様子が風車に似ていることからウィンドミルと呼ばれています。ソフトボールの投手はほとんどがウィンドミルで投げています。

 

スポンサーリンク


 

2、ウィンドミルの投げ方

ここからはウィンドミルの投げ方について解説していきます。

2-1、フォーム

まず、投球方向に対して、下記の体勢をフォームをつくりましょう。

ウィンドミル腕の回し方右手が6時の方向

身体:真横
顔:投球方向
グローブの手:投球方向にまっすぐ延ばします。
投げ手:3〜6時の方向に延ばします。
歩幅:肩幅位

2-2、腕の回し方

ウィンドミル腕の回し方右手が6時の方向その2

腕を回す時、はじめは力を抜いてゆっくり回し、慣れてきたら力を抜いたまま徐々に早く回していきます。ウィンドミルでピッチングをする際、早い球を投げたい気持ちから力が入ってしまいますが力は抜いて投げましょう。

ウィンドミル腕の回し方右手が3時の方向

ウィンドミルをする時のボールを持つ手は上達してくると振り上げた時、手のひらが下を向いたり、外側を向いていたり、内側を向いていたりと人によって様々ですが、まずは手のひらは下を向けて回してください。慣れてきたら自身にあった投げ方を探してみてください。

ウィンドミル腕の回し方右手が2時の方向

両腕が投球方向に伸びたら、胸は正面に開いてきますので、この時左肩は外に開かないように意識してください。左肩が開いてしまうとその投げ方が癖になってしまうので注意しが必要です。

ウィンドミル腕の回し方右手が1時の方向

投げ手が12時の位置になると、投球方向を向いていた胸が横を向きます。
 

スポンサーリンク


 

2-3、腕を振り下ろす

ウィンドミル腕の回し方右手が11時の方向

12時の位置から腕を振り下ろしていきます。
※振り下ろす時のスピードがポイントになりますので、力まず早く振り下ろすように意識してください。

ウィンドミル腕の回し方右手が10時の方向

ボールを持つ手のひらは外(右投手だと三塁打側)を向けて、小指を先行して真下に振りおろしてください振り下ろすと同時にグローブは身体の方へ引きつけていきます。

この時、身体は左右対象の動きを意識してください。

2-4、ブラッシング

ウィンドミル腕の回し方ブラッシング時

ブラッシングは肘から手首の内側を腰の骨か太ももの上にこする(当てる)イメージになります当てた時にテコの原理で手首は自然に返ります。リリースの瞬間、手首を中心に力を入れてをボールを真下にきってください

ウィンドミル腕の回し方リリース時

リリースと同時にグローブは胸に抱えるようにします。
※室内で練習するのであれば、身体に引きつけますがグローブは胸に抱えずグローブにボールを投げ込みます投げます。

ウィンドミル腕の回し方フォロースルー

リリース後は反動で自然と投球方向へフォロースルーします。

ウィンドミルの練習も家でも出来ますので、時間がある時は家や外でやる癖をつけましょう。

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

【まとめて読みたい方】

スポンサーリンク

ウィンドミルの悩みありませんか?

オンラインレッスンピッチング画像ピッチングレッスンは、オンライン完結型のピッチング指導サービスです。
ソフトボールのピッチャーをこれから始める方やピッチャーを始めて時間がたち伸び悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ソフトボールは野球と異なり指導者も少なく正しい指導を受ける環境がありません。オンラインレッスンでは、スマートフォンでウィンドミルの動画を送るだけで、簡単にソフトボールのピッチングレッスンを受けることができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事