ウィンドミル横長バナー6000円

ソフトボールのピッチャーをこれからはじめる人の多くはウィンドミル投法で練習をはじめると思います。その際、まず習得しなければいけないのがブラッシングです。ブラッシングを習得するにあたり気をつけるポイントやどのような練習をすれば良いか具体的な方法をお伝えしていきます。
 

スポンサーリンク


 

1、ブラッシングって?

ウィンドミルは投げる時に腕と身体(主に腰)にあてなければません。これの動作のことをブラッシングと言います。

ブラッシングがウィンドミルの基礎となります。今後スピードやコントロールの精度を高めていく上で、大切な要素になります。今回はブラッシングのやり方とその際、気をつけるポイントを解説していきます。

2、ブラッシングのやり方

ウィンドミルは腕を一回転させて投げるイメージだと思いますが、ブラッシングを習得する為には、腕は回転させずにしっかり腕を腰にかすらせる(当てる)事を意識した練習をしていきます。

2-1、ブラッシングのフォーム

まず、投げる方向に対して、写真の様なフォームをつくりましょう。

はじめは写真を見ながらゆっくり力を抜きながらブラッシングをしてみてください。

まずはボールを持たず腕だけでも大丈夫です。

ブラッシング横その1ブラッシング正面その1

身体:真横
顔:投球方向
グローブの手:投球方向にまっすぐ延ばします。
ボールを持つ手:12時の方向に延ばします。
歩幅:肩幅位

2-2、腕を振り下ろす

ブラッシング横その2ブラッシング正面その2

ブラッシングのフォームが出来たら、重力に従って腕を上から下に振り下ろしていきます。振り下ろす時、腕は肩(背中)の後ろを通らないように注意してください。

ブラッシング横その3ブラッシング正面その3

ボールを持つ手のひらは外(右投手の場合、三塁側)に向けて、小指を先行して真下に振りおろしてください。変な振り下ろし方をしてしまうとブラッシングの時にあたりどころが悪くて痛いです。

ブラッシング横その4ブラッシング正面その4

投げ手を振り下ろすと同時にグローブは投球方向から身体の方に引きつけていきます
 

スポンサーリンク


 

2-3、ブラッシングのポイント

ブラッシング横その5ブラッシング正面その5

振り下ろしきる直前にブラッシングをします。ブラッシングは肘から手首の内側を腰の骨か太ももの上に当てます。当てた時にテコの原理で手首は自然に返ります。リリースについてはまだ気にしなくて大丈夫です。

はじめは、肘が腰に当たらなかったり、逆に当たりすぎたりして安定しないですが、いろんな位置をためしてスムーズに当てることが出来るポイントを探していきましょう。現時点で身体は投球方向に対して真横を向いた状態で投球してください。

3、練習方法

ブラッシングの練習は外でやる場合は、キャッチャーや壁、ネットに向かってコントロールを気にせず思いっきり投げてください。また、ブラッシングの練習はグローブに投げれば家でも出来ますので、時間がある時はやる癖をつけましょう。肘から手首の内側を腰に当てること自体に抵抗があると思うので慣れるまでひたすら練習してください。
3ヶ月〜6ヶ月の間は基礎を固める為にキャッチボールに取り入れましょう。

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

【まとめて読みたい方】

スポンサーリンク

ウィンドミルの悩みありませんか?

オンラインレッスンピッチング画像ピッチングレッスンは、オンライン完結型のピッチング指導サービスです。
ソフトボールのピッチャーをこれから始める方やピッチャーを始めて時間がたち伸び悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ソフトボールは野球と異なり指導者も少なく正しい指導を受ける環境がありません。オンラインレッスンでは、スマートフォンでウィンドミルの動画を送るだけで、簡単にソフトボールのピッチングレッスンを受けることができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事