オンラインレッスン横長バナー

野球からソフトボールにスムーズになじむ方法

いままで野球をやっていたけれど、とあるきっかけででソフトボールのチームに所属したり、ソフトボール部に入部したり、体育でソフトボールがあったりと様々なシーンでソフトボールと触れ合う機会はあるかと思います。一見同じようにみえる野球とソフトボールの打撃ですが、細くみていくといくつか違うところがあります。
今回は野球出身者でもスムーズにソフトボールに馴染むための3つのコツを解説していきます。
 

スポンサーリンク


 
1、テイクバックをとりすぎない

2、足を大きく上げない

3、目線(頭の高さ)をぶらさない

それでは1つずつ解説していきます。

1、テイクバックをとりすぎない

ソフトボールはテイクバックしてトップの位置を作った状態で構える選手が多いです。

ソフトボールはバッターとピッチャーの距離が短いので、当たり前ですが、ピッチャーの投球モーションからボールがキャッチャーに到達するまでのスピードが野球よりも早いです。また、ピッチャーによっては一球一球間合いを変えて投げており、時にはクイックで投球するピッチャーもいるので、テイクバックしてトップの位置を作った状態で構えておけばクイックで投げられても対応ができます。テイクバックの動作をいれてしまうと、一球一球変えてくる間合いへの対応が難しくなってしまいます。

バッティング注意点トップを作る
※構えからテイクバックしてトップの位置を作った状態にする

トップの位置ですが、強く振り出せるポイントは人それぞれなので、練習するなかで自分に合う位置を見つけてみてください。

遅いピッチャーの時はテイクバックの動作をいれても打てるかもしれませんが、レベルが上がるにつれて間違いなく苦戦してくるかと思いますので、早い段階で気をつけてバッティングをしましょう。
 

スポンサーリンク


 

2、足を大きく上げない

野球の場合、バッターとピッチャーまでの距離が遠い事もあって、足をあげてタイミングをとったり勢いをつけてバッティングをする事がありますが、先ほど解説した通り、ソフトボールの場合バッターとピッチャーの距離が短いです。その為、足を上げてしまうと、少し速いピッチャーになると振り遅れてしまいます。もちろん足を上げてバッティングする選手もいますが、慣れるまでの間はなるべく足は上げずにすり足でのバッティングを心がけましょう。
バッティング注意点足をあげない
※足を引くときは上げずにすり足にする

3、目線(頭の高さ)をぶらさない

野球でも目線(頭の高さ)をぶらさない事は意識するべきところですが、ソフトボールはそれ以上に目線(頭の高さ)をぶらさない事を意識してください。

野球のバッティングフォームで打つ場合、先ほど説明した足を上げない点とも関連しますが、足を上げて打ったりすると目線が上下に動いてしまいます。野球の場合、縦の動きはカーブやフォーク等の下に落ちる動きのみですが、ソフトボールのウィンドミルのピッチャーの場合、ライズボールとドロップの上下の動きになるので、野球以上に目線をぶらさないように注意してください。

まとめ

3つのコツを解説させていただきましたが、よくテレビ番組でソフトボール女子代表投手とプロ野球選手が対決して、空振りしたり、振り遅れるシーンが多くみられますが、これは紹介した3つのコツが考慮されていないことも原因です。遅いボールだったら野球の時と同じでも大丈夫ですが、高いレベルになると間違いなく立ちはだかる壁にぶつかりますので、ソフトボールをはじめときから意識しておきましょう。

まとめて読みたい方

スポンサーリンク

おすすめの記事