LINEで送る
Pocket

ソフトボールの醍醐味、ライズボールをマスターしよう!!

ソフトボールといったら、やっぱりボールが浮き上がるライズボールですよね!!
今回はソフトボール特有の変化球であるライズボールの投げ方を学んでいきましょう。

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル】
 

スポンサーリンク


 

ボールの握りは?

まずはボールの握り方です。握り方は人それぞれですが、今回は爪を立てる握り方をお伝えします。


写真の通り、縫い目に沿って中指と人差し指をかけます。人差し指、第一間接の側面を爪を立ててボールの表面にあてます。


薬指はボールの真ん中あたりに添えるイメージになります。

実際に投げてみよう!

まずは動画でイメージをつかみましょう。

一見ストレートと同じように見えますが、ところどころ異なる点がありますので、説明していきたいと思います。

基本的なフォームはストレートもライズボールも一緒になります。
力を抜いてセットポジションに入ります。

この時重心は後ろ足にある状態です。

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

前足に全ての重心を乗せて

両足で一気に前に蹴り出します。

スポンサーリンク


ストレート同様、グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

グローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます。

ボールは内向きにして、腕を回します。
そうするとリリースの時にボールが勝手に上向きになります

ここから一気に腕を振り下ろしていきます。

振り下ろす時、ボールは上向きになる事を意識してください。

リリースは小指から身体の内側にひねり、しっかり切ってください。

内側にひねり、身体に巻付けるようにリリースし、しっかりとボールを切ります。
その時、しっかり回転かける事が重要です。


リリースをした後は勝手に投球方向に腕が前に出てきます。

はじめは爪を立てて投げる事に抵抗があるかと思いますが、慣れるまでは焦らず練習していきましょう。もちろん爪をたてるので、割れないように爪のケアが必要です。
もし、爪を立てる投げ方があわないようでしたら、野球のカーブ握り等いろいろな握り方を試してしてみてください。

ライズボールの練習方法

ライズボールを習得する際の練習方法は遠投をしていきましょう。
山なりにならないように、直線上で投げれる距離で練習をしていきます。
慣れてきたら、徐々に距離を伸ばしていきましょう。

【まとめて読みたい方】

ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket