ソフトボール _ピッチングメソッド_2

ライズボールはソフトボール特有の変化球でバッターの手元で浮き上がる軌道をしています。今回はソフトボール特有の変化球であるライズボールの投げ方について解説していきます。ライズボールをマスターしてたくさん三振を奪っていきましょう。
 

スポンサーリンク


 

ライズボールを投げ方は?

ライズボールの握り方

まずはボールの握り方です。握り方は人それぞれですが、今回は爪を立てる握り方をお伝えします。

ソフトボールライズボール握り方(正面)
写真の通り、縫い目に沿って中指と人差し指をかけます。人差し指、第一間接の側面を爪を立ててボールの表面にあてます。

ソフトボールライズボール握り方(斜め)
薬指はボールの真ん中あたりに添えるイメージになります。

ライズボールの投球フォーム

まずは動画でイメージをつかみましょう。

一見ストレートと同じように見えますが、ところどころ異なる点がありますので、説明していきたいと思います。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その1

基本的なフォームはストレートもライズボールも一緒になります。
力を抜いてセットポジションに入ります。

この時重心は後ろ足にある状態です。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その2

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その3

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その4

前足に全ての重心を乗せて

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その5

両足で一気に前に蹴り出します。
 

スポンサーリンク


 
ソフトボールライズボール投げ方連続写真その6

ストレート同様、グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

グローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その7

ボールは内向きにして、腕を回します。
そうするとリリースの時にボールが勝手に上向きになります

ここから一気に腕を振り下ろしていきます。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その8

振り下ろす時、ボールは上向きになる事を意識してください。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その9

リリースは小指から身体の内側にひねり、しっかり切ってください。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その10

内側にひねり、身体に巻付けるようにリリースし、しっかりとボールを切ります。
その時、しっかり回転かける事が重要です。

ソフトボールライズボール投げ方連続写真その11
リリースをした後は勝手に投球方向に腕が前に出てきます。

はじめは爪を立てて投げる事に抵抗があるかと思いますが、慣れるまでは焦らず練習していきましょう。もちろん爪をたてるので、割れないように爪のケアが必要です。
もし、爪を立てる投げ方があわないようでしたら、野球のカーブ握り等いろいろな握り方を試してしてみてください。

ライズボールの練習方法

ライズボールの練習方法は遠投です。
山なりにならないように、低い軌道で投げれる距離で練習をしていきます。
慣れてきたら、徐々に距離を伸ばしていきましょう。

ウインドミルを完璧にマスターするためには、変化球だけでなく、球速やコントロールのレベルアップも必要です。
Softball Timesでは素人からわずか3年でインターハイベスト8を達成した、非常識な最強ウインドミル習得法をご提供しております。普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

【まとめて読みたい方】

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事