ソフトボール _ピッチングメソッド

ソフトボールの守備のポジションを名前で聞いた際、「どの名前がどの位置なのかわからない」野球と同じなの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?ソフトボールでは守備をするプレイヤーは9人で、ポジションによってそれぞれ名前と役割が異なります。この記事では、名前や役割など各ポジションについて紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


 

ソフトボールの守備をポジション別に解説

ポジションごとに番号がふられており、それを守備番号と呼びます。守備番号は1〜9まであり、チームによっては、守備番号=背番号となることもあります。守備番号・カタカナ英名・漢字名と役割について解説していきます。
【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説

ピッチャーの守備

守備番号1・ピッチャー・投手(とうしゅ)

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_ピッチャー
ピッチャーの守備位置は、内野の中心位置であるピッチャーサークルからキャッチャーに向かって投球します。ピッチャーが投球しないとプレーが始まらないので、1プレー毎に必ずボールを触れるポジションです。さらに投球したあとは、他の野手と同様に守備をしなければなりません。バッターとの距離も近いこともあり速い打球が飛んでくるので、反射神経が求められます。

キャッチャーの守備

守備番号2・キャッチャー・捕手(ほしゅ)

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_キャッチャー
キャッチャーの守備位置はホームベースの後ろで守り、ピッチャーの投げた球を受けるポジションです。キャッチャーには、配球やリード、盗塁阻止、バント処理、守備への指示などの役割をこなすために多くの能力が必要となります。サッカーのミッドフィールダーやバスケットボールのポイントガードのように、キャッチャーが全体を見渡す司令塔となりチームをリードしなければならない重要なポジションなので、自分のプレーだけでなく全体を見ながらと非常に大変ですが、一番試合に貢献出来る魅力的なポジションです。

他のポジションとは異なり唯一逆の方向を見て守り、グラウンド全体を見渡すことができます。キャッチャーは怪我の危険性が一番あるポジションになるため、守備をする際はヘルメット、マスク、プロテクター、レガースの防具の着用が義務付けられています。

ファーストの守備

守備番号3・ファースト・一塁手(いちるいしゅ)

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_ファースト

ファーストの守備位置は一塁ベース付近でベースより前で守るポジションです。ファーストには送球捕球や打球処理、バント処理などの役割があります。内野手からの送球を捕球するだけのポジションと思われがちですが、実は非常に重要なポジションです。ピッチャーとキャッチャーを除いたポジションの中で、一番守備の機会が多くあります。

ソフトボールは野球よりも塁間が短いので、バッターが走りながらゴロを打つスラップやバントなどしてくることがあるため常に警戒していなければなりません。ファーストには高い捕球力、バントやスラップ、通常の打球など様々な攻撃に対して素速い判断力が求められます。ファーストの捕球力が低いとアウトが成立しないのでどんな送球も捕球できる守備力を身につけましょう。

セカンドの守備

守備番号4・セカンド・二塁手(にるいしゅ)

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_セカンド_ショート

セカンドの守備位置は一塁ベースと二塁ベースの間で守るポジションです。セカンドには打球処理やバント処理、中継プレーなどの役割があります。セカンドはショートとのダブルプレーやファーストと一二塁間の打球判断など守備の連携力が求められるポジションです。一塁ベースから近い距離で守るので、簡単なポジションと思われがちですが、動きが多く複雑です。練習すればするほど身についてくるので、たくさん練習する必要があります。

サードの守備

守備番号5・サード・三塁手(さんるいしゅ)

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_サード
サードの守備位置は三塁ベースとホームベースの間で三塁よりの位置で守るポジションです。サードには、打球処理やバント処理などの役割があります。三塁ベース上を守るので、右バッターと距離が近く、右バッターの強烈な打球が飛んでくるポジションです。左バッターの場合、バントやスラップなど内野手安打を狙った攻撃を仕掛けてくるので、常に素早い動きが必要となります。守備が上手くないと相手から狙われてしまうポジションなのでたくさん練習する必要があります。

 

スポンサーリンク


 

ショートの守備

守備番号6・ショート・遊撃手(ゆうげきしゅ)

ショートの守備位置は二塁と三塁の間で守るポジションです。ショートはセカンドとのダブルプレーや外野手との連携が必要となるポジションです。ショートには打球処理やバント処理、中継プレーなどの役割があります。

塁間が狭いソフトボールでは、捕球してから素早く送球するので、送球の正確性が求められます。ショートは一番多く打球が飛んでくるので高い運動能力が必要とされるので、たくさんの練習をつまなければなりません。

レフトの守備

【ソフトボール】守備の位置とポジション毎の役割を解説_外野手

守備番号7・レフト・左翼手(さよくしゅ)

レフトの守備位置はホームベースの左側でショートの真後ろを守るポジションです。

センターの守備

守備番号8・センター・中堅手(ちゅうけんしゅ)

センターの守備位置はホームベースの正面で二塁ベース後を守るポジションです。

ライトの守備

守備番号9・ライト・右翼手(うよくしゅ)

ライトの守備位置はホームベースの右側でセカンドの真後ろを守るポジションです。

外野手は守備をする範囲が広く、高い捕球力と強くて正確な送球が求められます。バッターが打ってから反応するのではなく、試合の状況やバッターのスイングを観察しながら守備位置を決めたり打つ前から動き出さなければなりません。また、ソフトボールは野球よりも塁間が短いので、外野手が打球を後ろにそらすなどのエラーをしてしまうと高い確率で失点に繋がってしまいます。

ソフトボール 守備のコツ

ソフトボールの守備は野球と同じと思われがちですが、ボールがグラウンドが異なるため、守備のコツも異なってきます。

腰を落として捕球する

ソフトボールは軟式野球のボールと比べるとあまり弾まず、内野手・外野手、関係なく低い打球が多く飛んできます。そのため、しっかりと腰を落としてボールを捕球しなければいけません。

捕球してから素早くボールを送球する

ソフトボール のグラウンドは小さいため、捕球してから素早い送球が求められます。捕球してからゆっくり送球したりすると、素早い走者だと、内野安打や進塁を許してしまいます。

正確な送球

野手の理想型は強肩であることですが、肩の強さは人それぞれです。しかし、ソフトボールはグラウンドが小さいので、肩が弱くても捕球する選手のグローブに向かって投げることが出来れば、肩の弱さを補うことが出来ます。常にグローブ に向かって投げることを意識した練習を行いましょう。

捕球してから素早い送球と正確な送球があれば十分活躍することが出来るので、守備力を磨いていきましょう。

まとめ

ソフトボールの守備における各ポジションの役割を紹介させていただきました。これらソフトボールをはじめようと思っている人は、まずは興味のあるポジションにチャレンジしてみて自分にあったポジションを探してみましょう。

試合に勝てずに悩んでいる方へ

守備からリズムをつくるのは大切ですが、試合で勝つためには、ピッチャーの投球内容が勝敗を大きく左右します。

しかし、チーム事情でピッチャーがいない"あなた"これからピッチャーをはじめめてみませんか?
Softball Timesでは『素人からわずか3年でインターハイベスト8を達成した非常識な最強ウインドミル習得法』をご提供しております。普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法を大公開しています。

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事