ソフトボールの守備のポジションを名前で聞いた際、「どの名前がどの位置なのかわからない」野球と同じなの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?ソフトボールでは守備をするプレイヤーは9人で、ポジションによってそれぞれ名前と役割が異なります。この記事では、名前や役割など各ポジションについて紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


 

ソフトボールの守備をポジション別に解説

ポジションごとに番号がふられており、それを守備番号と呼びます。守備番号は1〜9まであり、チームによっては、守備番号=背番号となることもあります。守備番号・カタカナ英名・漢字名と役割について解説していきます。

ピッチャーの守備

守備番号1・ピッチャー・投手(とうしゅ)

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_ピッチャー
ピッチャーは、内野の中心位置であるピッチャーサークルからキャッチャーに向かって投球します。ピッチャーが投球しないとプレーが始まらないので、1プレー毎に必ずボールを触れるポジションです。さらに投球したあとは、他の野手と同様に守備をしなければなりません。バッターとの距離も近いこともあり速い打球が飛んでくるので、反射神経が求められます。

キャッチャーの守備

守備番号2・キャッチャー・捕手(ほしゅ)

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_キャッチャー
キャッチャーはホームベースの後ろで守り、ピッチャーの投げた球を受けるポジションです。キャッチャーには、配球やリード、盗塁阻止、バント処理、守備への指示などの役割をこなすために多くの能力が必要となります。サッカーのミッドフィールダーやバスケットボールのポイントガードのように、キャッチャーが全体を見渡す司令塔となりチームをリードしなければならない重要なポジションなので、自分のプレーだけでなく全体を見ながらと非常に大変ですが、一番試合に貢献出来る魅力的なポジションです。

他のポジションとは異なり唯一逆の方向を見て守り、グラウンド全体を見渡すことができます。キャッチャーは怪我の危険性が一番あるポジションになるため、守備をする際はヘルメット、マスク、プロテクター、レガースの防具の着用が義務付けられています。

ファーストの守備

守備番号3・ファースト・一塁手(いちるいしゅ)

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_ファースト

ファーストは一塁ベース付近でベースより前で守るポジションです。ファーストには送球捕球や打球処理、バント処理などの役割があります。内野手からの送球を捕球するだけのポジションと思われがちですが、実は非常に重要なポジションです。ピッチャーとキャッチャーを除いたポジションの中で、一番守備の機会が多くあります。

ソフトボールは野球よりも塁間が短いので、バッターが走りながらゴロを打つスラップやバントなどしてくることがあるため常に警戒していなければなりません。ファーストには高い捕球力、バントやスラップ、通常の打球など様々な攻撃に対して素速い判断力が求められます。ファーストの捕球力が低いとアウトが成立しないのでどんな送球も捕球できる守備力を身につけましょう。

セカンドの守備

守備番号4・セカンド・二塁手(にるいしゅ)

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_セカンド_ショート

セカンドは一塁ベースと二塁ベースの間で守るポジションです。セカンドには打球処理やバント処理、中継プレーなどの役割があります。セカンドはショートとのダブルプレーやファーストと一二塁間の打球判断など守備の連携力が求められるポジションです。一塁ベースから近い距離で守るので、簡単なポジションと思われがちですが、動きが多く複雑です。練習すればするほど身についてくるので、たくさん練習する必要があります。

サードの守備

守備番号5・サード・三塁手(さんるいしゅ)

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_サード
三塁ベースとホームベースの間で三塁よりの位置で守るポジションです。サードには、打球処理やバント処理などの役割があります。三塁ベース上を守るので、右バッターと距離が近く、右バッターの強烈な打球が飛んでくるポジションです。左バッターの場合、バントやスラップなど内野手安打を狙った攻撃を仕掛けてくるので、常に素早い動きが必要となります。守備が上手くないと相手から狙われてしまうポジションなのでたくさん練習する必要があります。

 

スポンサーリンク


 

ショートの守備

守備番号6・ショート・遊撃手(ゆうげきしゅ)

ショートは二塁と三塁の間で守るポジションです。ショートはセカンドとのダブルプレーや外野手との連携が必要となるポジションです。ショートには打球処理やバント処理、中継プレーなどの役割があります。

塁間が狭いソフトボールでは、捕球してから素早く送球するので、送球の正確性が求められます。ショートは一番多く打球が飛んでくるので高い運動能力が必要とされるので、たくさんの練習をつまなければなりません。

レフトの守備

【ソフトボール】守備のポジションと役割とは?_外野手

守備番号7・レフト・左翼手(さよくしゅ)

レフトはホームベースの左側でショートの真後ろを守るポジションです。

センターの守備

守備番号8・センター・中堅手(ちゅうけんしゅ)

センターはホームベースの正面で二塁ベース後を守るポジションです。

ライトの守備

守備番号9・ライト・右翼手(うよくしゅ)

レフトはホームベースの右側でセカンドの真後ろを守るポジションです。

外野手守備をする範囲が広く、高い捕球力と強くて正確な送球が求められます。バッターが打ってから反応するのではなく、試合の状況やバッターのスイングを観察しながら守備位置を決めたり打つ前から動き出さなければなりません。また、ソフトボールは野球よりも塁間が短いので、外野手が打球を後ろにそらすなどのエラーをしてしまうと高い確率で失点に繋がってしまいます。

まとめ

ソフトボールの守備における各ポジションの役割を紹介させていただきました。これらソフトボールをはじめようと思っている人は、まずは興味のあるポジションにチャレンジしてみて自分にあったポジションを探してみましょう。

スポンサーリンク

【ピッチングメソッド】ウィンドミル初級編

高校からソフトボールをはじめてMAX120km!
元柔道部投手から学ぶ ウィンドミル講座!!

本コンテンツを読むと以下のことが身につきます。

①正しいブラッシングの基本が身につく。
②ウィンドミルをするときの身体の使い方が身につく。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事