ソフトボール _ピッチングメソッド

ソフトボールのショートは「内野の要」と言われるほど内野の中で一番難しいポジションです。また、塁間が狭いソフトボールでは、捕球してから素早く送球するため、送球の正確性も求められてきます。外野手との中継プレーなどの連携、さらに一番多くの打球が飛んでくるので高い運動能力が必要とされています。そのため、たくさんの練習を積んで試合にのぞまなければなりません。

今回はショートの役割と必要な能力、それを身に付けるための練習方法をご紹介していきます。

ソフトボール ショートの守備についての解説
 

スポンサーリンク


 

ショートとは

ショートは俊敏な動きと判断力が必要とされるポジションです。そのほかにも、内野手はもちろん外野手との連携が必要となってきます。

ショートのグローブ(グラブ)

ショートはいろいろな体勢で捕球や送球をするので、ボールが取りやすい縦長で大きめのグローブで、グローブが開きやすいものを選ぶのがおすすめです。

ショートの役割

ショートの打球処理

ショートは二遊間の打球や三遊間の打球の他に、サードの後ろに飛んだフライやピッチャーの後ろに飛んだ打球などセカンドと同様、広い守備範囲が求められます。セカンドと異なる点は一塁へ送球する距離です。ショートの方が捕球してから一塁へ送球する距離が長いため、打球を前に詰めて捕球することや捕球してからすぐ送球する技術、肩の強さが必要となってきます。

三遊間の打球は送球する時は身体を反転して送球しなければならないのでサードが捕れる範囲は任せましょう。二遊間の打球はセカンドよりもショートの方が送球しやすいので、ショートが積極的に捕りにいきましょう。

ショートのバント処理

バント処理ではショートは基本的に二塁のベースカバーに入ります。ショートはバント処理では一番動きが少ないためランナーがどの位置にいて、足の速さはどのぐらいなのか、次のバッターは何番なのかといった状況や点差などの戦況を把握して指示を出す必要があります。

ゲッツーを取りたい場面なのか確実に一つアウトを取ればよいのかなどを冷静に判断するのもバント処理でのショートの重要な仕事です。

盗塁

ショートはバントやヒットエンドランを警戒しながら盗塁も頭に入れておかなければなりません。盗塁をされた時、キャッチャーからの送球を後ろにそらしてしまうと進塁を許してしまい失点する可能性が高くなってしまうため非常に責任重大です。また,二塁に入るときにはセカンドとスムーズな連携を行う必要があります。

ショートの中継

ランナーがいる状況で外野にボールが飛んだ時に、ショートが中継プレーに入ることは多くあります。中継プレーで大事なのはどこに投げるか決定する判断力です。どこに投げるか決めたら、その位置まで一直線になるように中継に入る必要があります。

周りの守備陣の声を聴き、外野手と自分の肩の強さを考慮して中継地点を決めなければいけません。暴投をすればランナーの進塁を許してしまうため非常に責任が伴うプレーです。
 

スポンサーリンク


 

ショートに必要な能力と守備練習

状況判断

ショートはバント処理や中継プレーなど周りの野手に合わせてプレーすることが多々あります。それに伴い他の野手に指示を出す必要があるため、次のプレーを予測する状況判断が欠かせません。この状況判断を身に付けるためには2つのことが必要となってきます。

1つ目はソフトボールの試合を沢山見ることです。試合を沢山見ることで自分の知識を増やすことはもちろん試合の流れを理解することができます。流れを理解することで他の選手への声掛けなどもできるようになります。

2つ目はメンバーの能力を知ることです。メンバーの能力を知ることで、守備範囲や中継プレーなどの連携を必要とするプレーの時に予測が立てやすく、次のプレーにスムーズに入ることができ、ミスが起きた場合でも冷静に対処することができます。

守備力

ショートに必要な守備力は肩の強さと素早いスローイングです。
肩の強さを磨くには遠投練習をすることです。遠投は山なりで遠くに投げるのではなく40〜60mぐらいの距離でいいので力強くまっすぐ投げるイメージで投げましょう。はじめはワンバウンドやツーバウンドになってしまっても構いません。力強く、まっすぐ投げることを意識することが大事です。

素早いスローイングを磨くためには壁当てです。壁当てもただボールを取って投げるのではなく、捕球してから素早く投げる練習や難しい体勢から力強い球を投げる練習など、試合を想定した練習がとても肝心です。緊張感のある練習が試合で自分を助けてくれます。

まとめ

ソフトボールにおいてショートは打球処理はもちろん、中継プレー、連携など様々な要素が必要となってきます。また、常に冷静である必要があるポジションです。様々なポジションに指示や伝達をすることが求められるショートは周りを見る力も必要です。もちろん純粋な上手さが一番求められるポジションでもあります。たくさん練習して内野陣はもちろんチームを助ける守備力を身に付けていきましょう。

試合に勝てずに悩んでいる方へ

守備からリズムをつくるのは大切ですが、試合で勝つためには、ピッチャーの投球内容が勝敗を大きく左右します。

しかし、チーム事情でピッチャーがいない"あなた"これからピッチャーをはじめめてみませんか?
Softball Timesでは『素人からわずか3年でインターハイベスト8を達成した非常識な最強ウインドミル習得法』をご提供しております。普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法を大公開しています。

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事