オンラインレッスン横長バナー

ソフトボールをはじめる方で野球出身の方は多いのではないでしょうか?一見野球とソフトボールのバッティングは同じ打ち方に感じますが、実は構えや意識するポイントは違います。ピッチャーが遅ければ野球のバッティングフォームでも打てますが、スピードの早い投手になると不思議と野球のバッティングフォームでは打てなくなってしまいます。今回は、ソフトボールのバッティングのポイントについて解説していきたいと思います。
 

スポンサーリンク


 

1、ソフトボールのバッティング方法

1-1、構え

ソフトボールバッティング構え

トップの位置を作った状態で構えます。重心は左打者なら左足、右打者なら右足に比重を置きます。

ピッチャーによっては一球一球間合いを変えて投げてきます。時にはクイックで投球するピッチャーもいる為、テイクバックしてトップの位置を作った状態で構えておけばクイックで投げられても対応が出来るようになります。テイクバックの動作をいれてしまうと、一球一球変えてくる間合いへの対応が難しくなります。

また、ソフトボールはライズボールという浮き上がるボールがあるので、ライズボールに対応出来るように構える時はなるべくバットは立てます。

ソフトボールのバッティング始動時

1-2、タイミングをとる

ピッチャーが投球モーションに入ったら、ピッチャーのフォームに合わせて始動していきます。タイミングのとり方は人それぞれですが、なるべく大きな動作にならないように気をつけましょう。

ソフトボールバッティング足の引きつけ

ソフトボールでは足を引きつける時、野球とは異なり一本足打法や振り子打法のような引きつけ方をしている選手は基本的にはいません。ソフトボールはマウンドからホームまでの距離が近いので、足を上げたり、ゆったり引きつける動作を入れてしまうと野球と間合いが違うので振り遅れてしまいます。その為、引きつけるときはなるべくすり足で引きつけるようにしましょう。

ソフトボール足の引きつけその2

1-3、目線(頭の位置)

引きつけたらコンパクトにスイングをしていきます。

ソフトボールバッティング足の踏み込み

重心は左打者なら左足、右打者なら右足にのこします。
足を引く時、踏み込む時には目線(頭の位置)をぶらさないようにしてください。
ソフトボールのピッチャーの場合、ライズボールとドロップの上下の変化球があるので、野球以上に目線をぶらさないように注意が必要です。
 

スポンサーリンク


 

1-4、スイング

ソフトボールバッティングスイング

スイングの動作自体は野球と同じで、レベルスイングでバットのヘッドはしっかり立てて打ちましょう。ボールをしっかりと引きつけて身体の近くにポイントをおきます。

ソフトボールバッティングインパクト後

インパクトの瞬間に力をいれてバットにボールをのせるイメージでスイングをします。

ソフトボールバッティング振り切る

片手を離さないでしっかりと両手で振りきりましょう。

ソフトボールバッティングスイング後

2、まとめ

基礎的な部分は野球とあまりかわりありませんが、細かくみてみると違いがあることがわかってもらえたかと思います。構え足の引きつけ方目線(頭の位置)を注意してソフトボールのバッティングをしてみてください。

【打者プロフィール】
丸山友輔(まるやま・ゆうすけ)
神奈川県出身。藤嶺学園藤沢高等学校では野球部に所属し神奈川県ベスト4、その後東海大学に進学し、インカレに出場しベスト16。

まとめて読みたい方

スポンサーリンク

Softball Times ウィンドミル・ブラッシング note
note

Softball Timesではウィンドミル・ブラッシングのポイントや多くの人が習得する際に陥る注意点を"note"にまとめました!

特集ページには載っていない情報を"note"では見ることが出来ます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事