ソフトボール _ピッチングメソッド_2

ソフトボールのパフォーマンス向上に欠かせないものといえばウエイトトレーニングです。ウエイトトレーニングと聞くとハードなメニューを想像してしまいますが、今回は自宅でも簡単にできる「ブルガリアンスクワット」について解説させていただきます。

ブルガリアンスクワットをすることによって、中殿筋と言われるお尻の横の筋肉を鍛えることができます。中殿筋はソフトボールのバッティングやピッチングの体重移動、守備の左右への動き出しの時に使われる筋肉です。

ぜひ、チャレンジしてみてください。
 

スポンサーリンク


 

やり方

①バーベルまたはダンベルを担ぐ
②片足をベンチシートや椅子の上におく
③お尻の上下動作をおこなう

ポイント


・股関節(お尻)から動かす
・重心は前足かかと外側へ
・膝よりもお尻を深く下げる

<回数>
・10回できる重さで左右3セット
※10回×3セットができるようになったら重さを変えていきましょう。

【トレーニング監修者】
鈴木明博(すずき あきひろ)
神奈川県出身。東海大相模-東海大学卒業。全米S&C協会認定パーソナルトレーナー(NSCA)

▼もっと詳しく知りたい方やご質問等はLINEで相談ください

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事