ソフトボール _ピッチングメソッド_2

ソフトボールのパフォーマンス向上に欠かせないものといえばウエイトトレーニングです。ウエイトトレーニングと聞くとハードなメニューを想像してしまいますが、今回は簡単にできる「斜め懸垂」について解説させていただきます。

斜め懸垂をすることによって、広背筋と言われる背中の筋肉を鍛えることができます。広背筋はバッティングの回転動作の時に使われる筋肉で、打球の飛距離アップに繋がります。

ぜひ、チャレンジしてみてください。
 

スポンサーリンク


 

やり方

①肩幅の1.5倍位でバーを握りぶら下がる
②胸をバーに近づけていく
※余裕のある方は普通の懸垂

ポイント

・しっかりバーを胸に近づける

<回数>
レベル1 3回×3セット
レベル2 5回×3セット
レベル3 10回×3セット

【トレーニング監修者】
鈴木明博(すずき あきひろ)
神奈川県出身。東海大相模-東海大学卒業。全米S&C協会認定パーソナルトレーナー(NSCA)

▼もっと詳しく知りたい方やご質問等はLINEで相談ください

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事