ソフトボール _ピッチングメソッド

ソフトボールのファーストは内野手からの送球を捕球するだけの簡単なポジションと思われがちですが、実際は非常に重要なポジションです。バッテリーを除いたポジションで最も守備機会が多く常に次のプレーの準備をし俊敏な反応をしなければなりません。さらに野球よりも塁間が短いソフトボールでは、バッターが走りながらゴロを打つスラップやバントなどの小技をしてくることがあるため内野手が送球したボールを捕球するだけではなく、スラップやバントなど内野安打を狙った攻撃に対しても常に警戒する必要があります。

今回はファーストの役割と必要な能力、それを身につけるための練習方法について紹介していきます。

【ソフトボール 】ファーストの守備と必要な能力について解説
 

スポンサーリンク


 

ファーストとは

バントや内野ゴロを打ったバッターをアウトにするためには、バッターランナーが一塁ベースに到達するまでに内野手がボールを一塁ベース上に送球し、そのボールを捕球した状態で選手がベースに触れることでアウトが成立します。その際、ファーストは一塁ベース上で内野手からの送球を捕球することが主な役割となり、サードと同様にバッターに近い距離を守るポジションです。

内野手の送球を捕球するだけではなく、左バッターの強烈な打球やセーフティーバント、送りバントの処理といったレベルの高い守備力が必要となります。

ファーストのグローブ(グラブ)

ファーストもキャッチャーと同じようにボールを捕球する場面が多く、野手から様々な送球がくるので、送球に合わせた取り方をしなければいけません。少しでも球までの距離を縮めるため、野球のファーストと同じように補球面が広く、先端が長いミットを使用するのがおすすめです。

ファーストの役割

ファーストの送球捕球

ファーストの主な役割は内野手からの送球をベースを踏みながら捕球することです。ベースを踏みながら捕球することでアウトが成立します。ソフトボールは野球よりも塁間が短く(18.29m)、バッターが打ってから一塁に到達する前にアウトにしなければならないため、内野手はボールを捕球してからファーストへ送球するまでのスピードを早くする必要があります。そのため、ベースから離れた送球やショートバウンド、ハーフバウンドと様々な送球がきます。様々な送球に対して、瞬時に反応し、柔軟に対応してアウトにすることが主な役割であり、見せ所でもあります。

ファーストの打球処理

ファーストは一塁線の強烈な打球や一二塁間の打球を処理する役割があり、常に左右どちらにも反応できるような準備をしなければなりません。万が一、一塁線上の打球を後ろに抜かれてしまうと長打に繋がってしまいます。しかし、ファーストは一塁ベースに近いため、打球を止めさえすればほとんどの打球をアウトにすることができます。どんな打球も慌てずに最低でも前に落とすことが重要です。

打球処理で難しいのは一二塁間の打球です。ファーストが取りにいくと、一塁ベースが空いてしまうため、セカンドが一塁ベースへカバーに入りにいかなければなりません。セカンドが取りにいく場合はすぐに一塁ベースに入ります。どちらか一方が迷ってしまうと、打球を捕球できなかったり、ベースカバーに入れないといった問題が起きてしまうため、お互いの守備範囲を考慮した上での瞬時な判断と声かけが重要となりなす。

ファーストのバント処理

バッターがバントの構えをしたら、ファーストは一塁ベースをセカンドに任せて一気に前進をしましょう。ソフトボールでは塁間が短いので内野安打を狙うバッターが多く、バントや走りながらゴロを打つスラップが多用されるため、常にバントを警戒しながら守らなければなりません。

バント処理の際に重要なのがサードとピッチャーとの声かけです。走りながら勢いをつけて投げられるサードが一番守備範囲が広くなりますが、それに対してファーストは反転して送球するためサードよりも勢いが劣ります。

各ポジション守備範囲が異なるため、バント処理時の守備範囲を練習で確認して、試合の時は瞬時にバント処理ができるようにする準備が必要となります。状況によっては、バッターがバントの構えをしてから打つこともあるので、瞬時に切り替え一塁ベースで送球を捕球しなければなりません。バントと決めつけずに状況を考えながら、どんな攻撃にも対応できるような練習をしていきましょう。
 

スポンサーリンク


 

ファーストに必要な能力と練習方法

捕球力と身体の柔軟性

試合の中でアウトをとるケースとしては、三振以外だとファーストが内野手の送球を捕球してアウトにするケースがはほとんどと言っても過言ではありません。どんな送球も捕球できる技術が必要不可欠となります。ファーストベースを踏んで捕球しないとアウトが成立しないため、捕球能力が低いと非常に試合で不利になってしまいます。

加えて大事なのが身体の柔軟性です。股関節が柔らかいと、ベースから離れた送球も脚を広げることで通常よりも前で捕球することができるため、アウトにする確率をあげることができます。

ポジションや人によって送球の速さやボールの軌道、バウンドの仕方などが異なるため、内野手陣に色々な送球を投げてもらい、一球一球集中してどんな送球も捕球できるように練習しましょう。

判断力

ファーストは役割が多いため、瞬時に適格な判断が求められます。内野手の送球を捕球することや打球処理、バント処理など打球によって素速い反応と切り替える力が必要となります。一二塁間の打球とバント処理の判断力が弱ければ、小技の多いソフトボールでは狙われます。

試合の状況や流れ、バッターをよく観察し、様々な攻撃に対して迷わず瞬時に判断でるようになりましょう。これは、実践を意識したゲームノックや試合の中で感覚を磨いていきましょう。

まとめ

ソフトボールにおいてのファーストは高い捕球力や様々な攻撃に対して素速い判断力が必要となります。捕球能力が低いとアウトが成立しないため、結果相手を助けてしまうことになってしまうのでどんな送球も捕球できるよう練習し、内野陣を助けてあげられるような守備力を身につけましょう。

試合に勝てずに悩んでいる方へ

守備からリズムをつくるのは大切ですが、試合で勝つためには、ピッチャーの投球内容が勝敗を大きく左右します。

しかし、チーム事情でピッチャーがいない"あなた"これからピッチャーをはじめめてみませんか?
Softball Timesでは『素人からわずか3年でインターハイベスト8を達成した非常識な最強ウインドミル習得法』をご提供しております。普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法を大公開しています。

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事