ソフトボールオンラインショップ

ソフトボールのボールは野球のボールよりも大きく、戸惑う人もいるのではないでしょうか。今回は「ソフトボールのボールの握り方について」ご紹介していきます。
 

スポンサーリンク


 

ソフトボールの基本的なボールの握り方

塁間が短いソフトボールでは、短時間で正確なプレーが求められます。ボールを投げる時、「狙ったとこにボールがいかない」「投げ方が分からない」という方はこれから説明する「ボールの握り方」を意識していきましょう。

これから3つのポイントを説明します。

1.縫い目に沿ってボールを握る

【初心者向け】ソフトボール ボールの握り方を紹介_縫い目に沿ってボールを握る
1つ目は縫い目に沿ってボールを握ることです。ボールには縫い目があり、この縫い目に沿ってボールを握ることでしっかりボールにスピンをかけることが出来ます。

2.手の腹でボールを握る

【初心者向け】ソフトボール ボールの握り方を紹介_手の腹でボールを握る
2つ目は手の指の腹の部分を、縫い目に当てるようにボールを握っていきます。手が大きい選手は「親指・人差し指・中指」この3本指でボールを握っていくようにしていきましょう。

ソフトボールは、ボールがとても大きいです。手の小さい選手は、薬指を縫い目に引っ掛けて3本半、もしくは、4本でボールを握っても全く問題はありません。自分の手にあった握り方で工夫をしてみてください。
 

スポンサーリンク


 

3.手のひらとボールの間にすき間を空ける

【初心者向け】ソフトボール ボールの握り方を紹介_手のひらとボールの間にすき間を空ける
3つ目は握る時に手のひらがボールにくっつかないようにすることです。「手のひらとボールの間に、隙間を空けること」が大切になります。時々、5本指でボールを鷲掴みにしている選手がいます。このように強く握ってしまうと、手首が固くなり、上手く手首が使えなくなります。ボールは、手のひらとボールの間に隙間を空けて、軽く優しく握るようにしましょう。

ボールの握り方の強さは、軽く優しく握ったその手を上から軽くポンと叩いてみましょう。この時に、ボールが落ちるぐらいの強さでボールを握ると良いです。正しい握りが出来ている目安としてぜひ、チェックしてみてください。

まとめ

短時間でスピーディーにプレーするソフトボールでは、素早くボールを握り、投げることが必要です。日頃から、自分が投げやすい状態でボールを握れるよう、グローブや素手にボールを当てて、すぐにボールを握る練習を行いましょう。何度も繰り返し練習を行えば、上手にボールを握ることができるようになります。空いている時間があれば、ボールに触れるようにしてみてください。

そうすることによって、狙ったとこにいつでもボールを投げることが出来るようになります。

【筆者プロフィール】
ソレイユあやめ スポーツと音楽を愛する歌手 スポーツ界のアーティスト
・元ソフトボール選手:大学ではインターカレッジ日本一位のチームに所属。
・ロック・R&Bシンガー:球場や競技場にて国歌斉唱、スポーツソングや応援ソングを歌う。

【国歌斉唱】
⚫︎プロ野球公式戦 福岡ヤフオクドーム
⚫︎第16回 WBSC 世界女子ソフトボール選手権大会 2018 千葉 日本VSイタリア
⚫︎第53回日本女子ソフトボールリーグ [ 一部リーグ ] 後半開幕節  大和スタジアム

【雑誌】
⚫︎日本リーグ特集のソフトボール・マガジン11月号掲載

お取り扱いグローブ案内

取り扱いソフトボールグローブ
Softball Times公式オンラインストアは現役ソフトボールプレーヤー達が厳選したアイテムを取り扱うソフトボール専用オンラインストアです。大手メーカーにはない、メーカーがこだわり抜いたグラブなどの希少性の高いアイテムを提供しております。

Twitterでフォローしよう