ソフトボール _ピッチングメソッド

小学生・中学生からソフトボールをはじめようか悩んでいませんか?ソフトボールが野球と似たスポーツであることは皆さんご存知だと思いますが、ソフトボールを始める上で具体的な違いやルール、ソフトボールの特徴などを知っておく必要があります。そこで今回は小学生・中学生を始め、これからソフトボールを始めるにあたって事前に知っておくべきことについてご紹介致します。

小学生・中学生のソフトボール初心者が知っておくべきこと

 

スポンサーリンク


 

ソフトボールについて

ソフトボールは野球から派生したスポーツですが、野球とは投球方法や競技場の規定、使用するボール、ルールなどが大きく異なります。ソフトボールが生まれたのは1887年、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴでの感謝祭の日。もともとは野球の練習のためのスポーツとして発明されました。日本でソフトボールが最初に行われたのは1921年で、アメリカ留学から帰国した大谷武一や石黒寅次によって、体育の授業の遊戯として紹介されたことがきっかけでした。

ソフトボールのルール

1.ファストピッチルール

国民体育大会やインターハイなどで採用されている公式ルールで、一般的なルールとして認識されています。ピッチャーが腕を上に振り上げ、後ろに1回転させて投げる「ウインドミル投法」が有名です。腕を1回転させる動作が風車のように見えることからこの名前がついています。

2.スローピッチルール

日本では上記のファストピッチルールを採用していますが、こちらのスローピッチルールは主にアメリカでレクリエーションとして打撃を楽しむためのルールです。スローピッチルールは年齢層によって様々なルール上の違いがあり、具体的には下記が挙げられます。

・ピッチャーの投げる投球は山なりで1.5m〜3.0mの高さでなければならず、ウインドミル投法は禁止
・2ストライク後のファウルは三振扱いでアウトになるが特別な事情がない限りアウトにならない
・バント、盗塁、スライディング、ホームでのクロスプレーは禁止
・ワイルドピッチ、パスボールでも走者は進塁できない
・デッドボールになっても、一塁に進むことができない
・二塁、三塁も一塁と同様に駆け抜けてもオーバーランにはならない
・守備はファストピッチルールの9人に1人を加えた10人で行い、ショートフィルダーと呼ばれる10人目の選手はどこを守ってもよい

ソフトボールのグラウンド

ホームベースから外野フェンスまでの距離は男子が68.53m以上、女子が60.96m以上です。野球と比較してグラウンドのサイズは小さくなっています。塁間の長さは属性によって異なり、男子が14.02m、女子が13.11mです。バッターボックス91cm×213cmとで野球とは形も異なります。ソフトボールは塁間が狭いので、バッターランナーと野手が衝突しないように、一塁ベースにはダブルベースと呼ばれる白とオレンジのベースが設置されています。

また、ピッチャーとキャッチャー間の距離は男子が14.02m、女子が13.11mと距離が短いため、ピッチャーの球速は体感だと実際よりもかなり早く感じられます。

ソフトボールのポジション

ピッチャー・投手

ピッチャーはピッチャーサークルからキャッチャーに向かって投球します。投球する時には、瞬発力が必要となります。また、バッターとの距離が近く、速い打球が飛んでくるので反射神経も求められるポジションです。

キャッチャー・捕手

キャッチャーはホームベースの後ろで守り、ピッチャーの投げた球を受けるポジションです。キャッチャーには、配球やリード、盗塁阻止、バント処理、守備への指示などの役割をこなすために多くの能力が必要となります。一番試合に貢献出来る魅力的なポジションです。

ファースト・一塁手

ファーストは一塁ベース付近でベースより前で守るポジションです。ファーストには送球捕球や打球処理、バント処理などの役割があります。ピッチャーとキャッチャーを除いたポジションの中で、一番守備の機会が多くあります。

セカンド・二塁手

セカンドは一塁ベースと二塁ベースの間で守るポジションです。セカンドには打球処理やバント処理、中継プレーなどの役割があります。練習すればするほど身についてくるので、たくさん練習する必要があります。

サード・三塁手

三塁ベースとホームベースの間で三塁よりの位置で守るポジションです。サードには、打球処理やバント処理などの役割があります。左バッターの場合、バントやスラップなど内野手安打を狙った攻撃を仕掛けてくるので、常に素早い動きが必要となります。守備が上手くないと相手から狙われてしまうポジションなのでたくさん練習する必要があります。

ショート・遊撃手

塁間が狭いソフトボールでは、捕球してから素早く送球するので、送球の正確性が求められます。ショートは一番多く打球が飛んでくるので高い運動能力が必要とされるので、たくさんの練習をつまなければなりません。

レフト・左翼手

レフトはホームベースの左側でショートの真後ろを守るポジションです。

センター・中堅手

センターはホームベースの正面で二塁ベース後を守るポジションです。

ライト・右翼手

レフトはホームベースの右側でセカンドの真後ろを守るポジションです。

 

スポンサーリンク


 

ソフトボールの道具

グローブ

ポジションによって使用するグローブは異なります。キャッチャーとファーストは捕球面が広いミット、セカンドはコンパクトなタイプがオススメですが、まだポジションが決まっていない場合は、オールラウンド用を選ぶと良いでしょう。素材は本革と合皮があり、どちらもメリット・デメリットがあります。購入する際は、実際に自分の手にはめて選びましょう。

バット

使用するバットは使用するボールの大きさに合わせる必要があり、1号〜3号の3種類あります。市販されている公認バットはほぼ全てアルミ等の金属製品やセラミックス製品で、グリップ部分には安全用のテープを巻くことになっています。

1号球:小学生・低学年向け
2号球:小学生向け
3号球:一般用

ソフトボールの打ち方

まず構え方ですが、ソフトボールはライズボールという浮き上がるボールがあるので、ライズボールに対応出来るように構える時はなるべくバットは立てることがコツです。スイングの際、足を引きつける時は足を上げたりせず、なるべくすり足で引きつけるようにしましょう。引きつけたらコンパクトにスイングをしていきます。インパクトの瞬間に力をいれてバットにボールをのせるイメージでスイングすることがコツです。この時、片手を離さないでしっかりと両手で振りきりましょう。

ソフトボール ストレートの握り方

ソフトボールは大きいので初めは握りにくいかもしれません。ストレートは野球と同じベーシックな握り方で、多くの方はこの握り方で投げています。横の縫い目に合わせて、中指と人差し指の二本の指を引っ掛けて、親指、薬指、小指で支えます。

まとめ

ソフトボールは野球と似ているスポーツですが、グラウンドのサイズを始め、バットやボールのサイズ、ボールの投げ方や打ち方など大きく異なる点がたくさんあります。まずはルールを知った上で、自身にあったグッズなどを揃えていきましょう。

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事