Third Field(サードフィールド)_詳細ページ

東京オリンピックから再びソフトボールと野球が追加種目となり、女子ソフトボールは北京オリンピック以来の金メダル獲得に注目が高まっています。今回、ソフトボールの内野手が使うグローブの選び方や注意点をご紹介していきます。これからソフトボールを始める方やどのようなグローブを選んで良いか分からない方はぜひ参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク


 
【ソフトボール】内野手用 グローブの素材やサイズ、選び方を紹介

ソフトボールと野球の違い

ソフトボールと野球ではボールの大きさが異なります。野球のボールは直径約7.3cm。ソフトボールのボールは直径3号球で約9.7cmと野球のボールに比べてソフトボールのボールは少し大きいです。そのため、ボールを捕球するポケットが深くなっており、野球のグローブに比べて捕球しやすいように少し大きく設計されています。

基本的に日本のソフトボールでは高校生まではゴムボールが使用されています。大学生や社会人になるとゴムボールに加えて革ボールが使用されます。そのため、グローブを選ぶ際には自身がプレーするボールの素材にあったグローブを選ぶことがポイントです。

ソフトボール用グローブの素材

天然本革

ソフトボールの内野手用グローブに使われている素材として主に天然皮革が使われています。天然皮革は使えば使うほど柔らかくなり、手に馴染んでいき、丁寧に手入れをすれば長期間使用できる特徴があります。

合成皮革

また人工的に作られた合成皮革もありますが内野手グローブにはあまり使われていません。主にバッティング用グローブに使われています。合成皮革は強度や耐久性には優れていますが、柔軟性や馴染みやすさには欠けており、グローブにはあまり向いていない特徴があります。

メッシュ

最近ではグローブの素材にメッシュ素材を使うこともあります。メッシュ素材を使うことによって通気性の向上や軽量化に優れるというメリットがあります。内野手では捕球してから送球まで素早いプレーが求められるためメッシュ素材にして軽量化した方が良いと思われがちです。しかし、グローブを軽量化しすぎてしまうと強い打球にグローブが負けてしまう恐れがあるので内野手でメッシュ素材を使用してる選手はほとんどいません。
 

スポンサーリンク


 

ソフトボール用グローブを選ぶ時のポイント

グローブのデザイン

内野手用グローブを選ぶ上で最も重視するポイントは見た目などのデザインではないでしょうか。身につけていてかっこよかったり、自分の好きな柄や色などグローブを選ぶポイントは人それぞれあります。グローブの柄や色の組み合わせはグローブをオーダーすれば自分の好きな柄や色を選ぶことができ、自分だけのオリジナルグローブを作成することも可能です。

グローブの重さ

グローブを選ぶポイントとして内野手の場合、素早い送球ができるように軽いグローブを使用している選手もいます。軽くすることによって内野手に必要なハンドリングやグローブの操作性も向上します。しかし、強い打球が飛んできた時にグローブが弾かれてしまう可能性があります。強い打球に負けない適度な重さのグローブを選びましょう。

グローブの型

内野手用グローブには人それぞれに合った型があります。ボールを掴むように親指と小指をつけるよう型付けされた掴み型。他にもグローブのポケットを浅くし、グローブにボールを当てて握り変えを行う当て捕り型があります。どの型にするかによってポケットの位置も変わってくるので自分に合った型のグローブを選びましょう。

野球用グローブをソフトボール用で利用する時の注意点

野球用グローブをソフトボール用として使用している選手も多くいます。しかし、野球のボールと異なり、ソフトボールのボールは大きい分、捕球した時の衝撃が強いため、野球用キャッチャーミットだとすぐに皮が破けてしまうことがあります。

グローブを選ぶ時の注意点

グローブの色

内野手用グローブは「ボールの色と同色を使用してはいけない」といったルールはなく基本的にはどの色を何色使用しても問題ありません。自分の好きな配色のグローブを選んで試合や練習のモチベーションにつなげたりパフォーマンスの向上につながるグローブを選びましょう。

ウェブの型

内野手用グローブのウェブは多くの種類があります。クロスウェブやHウェブはグローブに接してる面が少ないので軽く、自由な型にできる特徴があります。それ以外にはタータンと呼ばれるピッチャーが投げる握りが見えないようにグローブ全体に接しているウェブが内野手でも使用されています。これは強い打球にも負けずしっかりと捕球できるメリットがあります。ウェブ1つでデザインやプレースタイルが大きく変わるのでポジションやプレースタイルにあったウェブを選びましょう。

グローブのメンテナンス

オイルの付け方

グローブを長く使うためには毎日メンテナンスが必須です。まず、グローブに付着した土や泥をグローブ専用のブラシなどで軽く落とします。次にグローブ専用の汚れ落としを雑巾やタオルに少量付けてブラシで落ちない汚れを落とします。最後に保湿系のオイルを薄く全体につければメンテナンス完了です。

グローブの保管方法

メンテナンス完了後のグローブの保管方法はポケットにボールを入れてグラブホルダーなどでグローブを締めて保管します。こうすることで、グローブのポケットが作りやすく、捕りやすいグローブになります。
他にはグローブの指先部分を下にしてグローブを立てて置いたり、親指と小指の部分を下に向けて置くことでグローブの型が崩れずに保管することができます。

まとめ

今回はソフトボールの内野手用グローブの特徴や買う時のポイントを紹介しました。自分の好みや重要視するポイントは自身にあったグローブを探してみて大切に使いましょう。もし分からないことがあったらスポーツショップの店員さんに聞くこともおすすめです。世界に一つの自分だけのグローブでソフトボールを全力で楽しみましょう。

スポンサーリンク

お取り扱いグローブ案内

取り扱いソフトボールグローブ
Softball Times公式オンラインストアは現役ソフトボールプレーヤー達が厳選したアイテムを取り扱うソフトボール専用オンラインストアです。大手メーカーにはない、メーカーがこだわり抜いたグラブなどの希少性の高いアイテムを提供しております。

Twitterでフォローしよう