オンラインレッスン横長バナー

ソフトボールをするには欠かせないアイテムのボール。今回はソフトボールで使用するボールの違いについて説明していきたいと思います。ソフトボールは野球よりも狭いグラウンドでプレーするので野球より飛距離が出にくい大きめのボールを使っています。

ソフトボールの写真
 

スポンサーリンク


 

1.ソフトボールの大きさの違い

ソフトボールで使用するボールには1号から3号までの3種類のゴムボールがありますが、3号球には他に皮ボールがあります。それぞれのボールは使用する年齢によって変わってくるため、それも併せてご紹介していきます。

【1号球】

まず1号球は小学生低学年に使用されており、小学校の体力テストで使用するのもこのボールです。直径は26.7㎝で141g、大人のこぶしほどの大きさがあります。

【2号球】

このボールは小学生全学年に使用されています。直径28.6㎝で163g、1号球と約2㎝しか変わりません。

【3号球】

一般的に使われているのは3号球であり、直径30.5㎝もの大きさがあり190gと一番重く大きさも最大です。

【皮ボール】

最後に皮ボールです。用途は主に社会人ソフトや大学生の部活で使用されています。重さは187.82gでゴムボールよりも約2グラム軽いです。直径は30.5㎝で3号球と変わりません。
 

スポンサーリンク


 

2.ソフトボールのボールメーカー

どのメーカーも使用している素材は変わらず大きな違いはありませんが、大会の主催者によって使用するボールが変わってくるため注意が必要です。

①ナイガイ(内外ゴム株式会社)

1913年(大正2年)に創業のタイヤチューブや工業用品を生産するゴムメーカーです。ソフトボールは1950年から生産し始め、国内シェアは約50%もあります。ゴムボールは各号ホワイト・イエロー2色と皮ボールの他に300gあるトレーニング用ボールも販売しています。

②ケンコー(ナガセケンコー株式会社)

1934年(昭和9年)創業の会社で、ソフトボールの他にも軟式球や硬式球など野球・ソフトボールを行う上で必要なボールが非常に多くそろっています。またソフトボール検定球5ダース以上を買うと無料でボールにネームを入れることができます。

③ミズノ(美津濃株式会社)

美津濃株式会社は日本を代表するスポーツメーカーです。ミズノは皮ボールのみの製造販売となっており、手首を鍛えるためのボールや回転をチェックできるボールも販売しています。

④ウィルソン

ウィルソンはアメリカのスポーツメーカーで、ミズノと同じく皮ボールのみの販売となっています。

⑤マルエス(ダイワマルエス株式会社)

マルエスは皮ボールの販売は終了し、ゴムボールのみの販売となっています。

3.まとめ

ボールの素材が違うことで、スピード感やバッティング時の飛距離など様々な要素で相違点があります。ルールはすべて同じなのでゴムソフトボールを経験していた方でも皮の性質を掴むことができれば、慣れも早いと思います。

ゴムボールは雨の中でも拭けばそこまで滑ることはないですが、皮ボールは水分を多く吸収するため、拭いても投げづらくなっています。皮を使用する機会は大学や社会人チームと限られてきますが、是非ゴムボールと皮ボールを試しに一つずつ買ってみて、投げ比べしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ウィンドミルの悩みありませんか?

オンラインレッスンピッチング画像ピッチングレッスンは、オンライン完結型のピッチング指導サービスです。
ソフトボールのピッチャーをこれから始める方やピッチャーを始めて時間がたち伸び悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ソフトボールは野球と異なり指導者も少なく正しい指導を受ける環境がありません。オンラインレッスンでは、スマートフォンでウィンドミルの動画を送るだけで、簡単にソフトボールのピッチングレッスンを受けることができます。

おすすめの記事