こんにちは本庄遥です。
全5回にわけてお伝えしております。

本庄遥のソフトボールピッチング講座

第5回ドロップの投げ方

最終回はドロップの投げ方をご紹介していきます。
ドロップは打たせる、三振をとる等、万能な変化球です。低めに集めていれば長打を打たれる事もないので、リスクも小さい変化球です。
 

スポンサーリンク


 

1.ドロップってどんなボール?

ドロップは落ちる変化球です。リリースの時にボールを被せて投げるドロップ、リリース時に指でボールを思いっきり弾くピールドロップ、チェンジアップみたいに遅いチェンドロなどいろいろな種類があり、人によって投げるドロップが違うことも特徴的です。

2.ドロップのメリット

ドロップを投げるメリットとしては、ハマると誰も打てなくなることです。よく試合でも見かけるのが、そんなにボールが速いわけではないのに、みんなくるくる回って振らされている。そんなピッチャーになることができます。打てそうで打てないボールというのが一番当てはまるのではないでしょうか?では早速投げ方を紹介していきます。

3.ボールの握り方は?

ボールの握り方を説明します。

被せて投げるドロップはツーシームで、二本指、もしくは三本指で握ります。

ソフトボールドロップの握り方

チェンドロはチェンジアップと同じ握りをします。

ソフトボールチェンドロの握り方
 

スポンサーリンク


 

4.ドロップの投げ方は?

次に投げ方について説明していきます。

まずは動画をみてイメージを掴みましょう。

次に連続写真です。

ソフトボールドロップの投げ方連続写真その1ソフトボールドロップの投げ方連続写真その2ソフトボールドロップの投げ方連続写真その3ソフトボールドロップの投げ方連続写真その4ソフトボールドロップの投げ方連続写真その5ソフトボールドロップの投げ方連続写真その6ソフトボールドロップの投げ方連続写真その7ソフトボールドロップの投げ方連続写真その8ソフトボールドロップの投げ方連続写真その9ソフトボールドロップの投げ方連続写真その10ソフトボールドロップの投げ方連続写真その11ソフトボールドロップの投げ方連続写真その12

セットポジションからトップまではストレートを意識してフォームを保ちます。
そこから、軸足はストレートより少し手前に踏み込み、手をボールに被せながらボールを転がして回転をかけて投げます。
フォームで球種が判断されないように、リリース後は手があまり前に出過ぎないように注意して、投げ終わった後に手の甲が上を向くように投げましょう。

同様の投げ方でチェンジアップの握りをすればチェンドロになります。

まとめ

ドロップを投げれるようになれば、意図的に打たせてアウトを取れるようになります。ピッチングにリズムがでたり、球数を抑える事もできます。落差がなくても打たせるだけなら十分有効に使える変化球なので、ぜひチャレンジしてみてください。

※撮影協力:jankees

もっと詳しくウィンドミル・ブラッシングをマスターしたい方は、
特別ピッチングメソッドを今なら期間限定で無料ダウンロード!!

【プロフィール】
本庄 遥(ほんじょう・はるか)
兵庫県出身。宝殿中学校では全国ベスト4。創志学園高等学校に進学し、インターハイ優勝。立命館大学に進学後に、オーストラリアへ留学をし、「セインツ」でプレーをする。

【まとめて読みたい方】

スポンサーリンク

【ピッチングメソッド】ウィンドミル初級編

高校からソフトボールをはじめてMAX120km!
元柔道部投手から学ぶ ウィンドミル講座!!

本コンテンツを読むと以下のことが身につきます。

①正しいブラッシングの基本が身につく。
②ウィンドミルをするときの身体の使い方が身につく。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事