岸和田Jrクラブが3年ぶりの優勝

2018年3月25日~27日に広島県尾道市で開催されている第11回春季全日本小学生女子大会の最終結果。岸和田Jrクラブが志都美・旭ヶ丘スポーツ少年団を決勝戦でくださし3年ぶり2回目の優勝で幕をとじた。

第11回春季全日本小学生女子大会最終結果
※出典:公益財団法人日本ソフトボール協会

スポンサーリンク

【結果】

優勝:岸和田Jrクラブ(大阪)
準優勝:志都美・旭ヶ丘スポーツ少年団(奈良)
第3位:PEGASUS ☆J(三重) 草津レインボーガールズ(滋賀)

【決勝】

岸和田Jrクラブ(大阪) 9-3 志都美・旭ヶ丘スポーツ少年団(奈良)

【準決勝】

PEGASUS ☆J(三重) 4-5 志都美・旭ヶ丘スポーツ少年団(奈良)

草津レインボーガールズ(滋賀) 2-10 岸和田Jrクラブ(大阪)

詳細はこちら

【ピッチングメソッド】ウィンドミル初級編

高校からソフトボールをはじめてMAX120km!
元柔道部投手から学ぶ ウィンドミル講座!!

本コンテンツを読むと以下のことが身につきます。

①正しいブラッシングの基本が身につく。
②ウィンドミルをするときの身体の使い方が身につく。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事