オンラインレッスン横長バナー

男子ソフトボール歴代最多優勝校は?

近年のインカレ優勝校をみると元日本代表のエースだった西村信紀監督が率いる環太平洋大学や3連覇した早稲田大学等が優勝するなど、各校チーム強化を積極的に行なっており強豪校が増えてきています。女子ソフトボールが注目されがちですが、男子ソフトボールも盛り上がりを見せています。今回は、インカレ歴代の優勝校から強豪校ランキングを紹介していきます。

第1位 日本体育大学(東京) 31回

第2位 国士舘大学(東京) 4回

第2位 早稲田大学(東京) 4回

第4位 中京大学(愛知) 3回

第5位 東海大学(神奈川) 2回

第5位 環太平洋大学(岡山) 2回

第5位 立命館大学(京都) 2回

第5位 沖縄国際大学(沖縄) 2回

東日本41回
西日本12回

第1位 日本体育大学(東京)

圧倒的な優勝回数で他校を寄せつけない日本体育大学。歴代の優勝回数をみてみるとダントツの優勝回数を誇る結果になりました。特に、第1回大会〜第25回大会の間で19回優勝しており、日本体育大学1強の時代を長期間きずいています。男子日本リーグをみても、決勝トーナメントで優勝した高知パシフィックウェーブの高橋速水投手をはじめ日本体育大学出身の選手が多く活躍しています。

第2位 国士舘大学(東京)

優勝回数は4回となっているものの、第51、52回と2大会回連続準優勝と強さは健在。歴代でみると準優勝は9回。うち8回は決勝で日本体育大学に破れており、あと一歩のところで日本体育大学が立ちはだかり優勝をのがしています。日本体育大学は東京地区同士、因縁のライバルとなっています。
 

スポンサーリンク


 

第2位 早稲田大学(東京)

第3位は早稲田大学。近年、力をつけており目立った成績を残しています。第47回〜第49回大会の3連覇が印象的です。プロ野球球団の北海道日本ハムファイターズに入団した大嶋匠選手(2018年に引退)の母校であり、ソフトボール界初のプロ野球選手を輩出もしている。

東西比較 東日本 41回 西日本 12回

日本体育大学を中心にトップ3が東京地区となり、東日本が大きくリードする結果となりました。準優勝校が西日本のチームになる事は多々ありますが、決勝で東日本のチームに破れています。日本体育大学、国士舘大学、早稲田大学をどう攻略するかが西日本チームの今後のポイントになってくるでしょう。

スポンサーリンク

Softball Times ウィンドミル・ブラッシング note
note

Softball Timesではウィンドミル・ブラッシングのポイントや多くの人が習得する際に陥る注意点を"note"にまとめました!

特集ページには載っていない情報を"note"では見ることが出来ます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事