ソフトボール _ピッチングメソッド

ここではソフトボールのルールに関する様々な用語を集めています。ソフトボール特有の用語もあるので、ぜひ覚えてみてください。

ソフトボールのルール用語

ストライク

ピッチャーの投球に対して下される判定のひとつ。ストライクと定められたゾーンにピッチャーが投げればストライク判定される。3回ストライクを宣告されるとバッターはアウトとなる。

ボール

ピッチャーがストライクと定められたゾーン以外に投球した場合、ボールと判定される。4回ボールを宣言されると四球となる。

アウト

攻撃中のプレイヤー(バッターやランナー)が規則によりプレーから除かれることである。

セーフ

ある塁に進塁しようとするランナーまたはバッターランナーに、審判がその塁への
進塁を認めるときの判定のこと。

リエントリー(再出場)

スターティングプレーヤーは交代しても再度出場することができる。ただし、自分と交代した選手に限る。

タイブレーク(延長戦)

7回が終了して同点だった場合、8回以降は7回の最後のバッターを二塁走者として、無死二塁の状況から攻撃をスタートするルール。バッターは前回最後のバッターの次の選手となる。

DP(Designated Player)

打撃を専門におこなう選手のこと。

FP(Flex Player)

守備を専門におこなう選手のこと。

イリーガルピッチ

不正投球のことを指す。野球ではボークと呼ばれる。

故意四球

投球をする必要なく敬遠すること。

アピールプレイ

審判に良い判定をしてもらうためにアピールする行為のこと。

アンパイア

審判のことを指す。審判には投球したボールの判定をする球審、内野ベース上で判定する塁審がいる。

イニング

回のこと。ソフトボール はこのイニングを7回行い最終的にどちらのチームの得点が多いかを競う。

押し出し(おしだし)

ランナーが満塁の状態で四球・死球を与えてしまい点数が入ること。

カウント

ストライク、ボール、アウトなど、それぞれの数のこと。

コールドゲーム

試合が3回で15点差、4回で10点差、5回以降は7点差ついている時点でリードしているチームが勝利とすること。全ての試合に採用されるわけではない。

サヨナラ

7回裏以降で得点を取った段階で勝ちが決まるシーンのこと。

タイスコア

同点の状態のこと。

タイム

プレーを中断して、一呼吸置いたり、作戦を確認したりする時間のこと。

ダブルヘッダー

1日に2試合行うこと。

チェンジ

3アウト後に攻守が交代すること。

ノーゲーム

試合が成立する前に雨天などで試合が中止になること。

ファール

フェアゾーンより外にボールが落球すること。カウントは2ストライクまではバッターに1ストライク追加される。

フェア

ボールの落下地点がフェアゾーンにあること。フェアゾーンに落下したボールがファールゾーンに転がってもファールにはならない。

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事