ソフトボール _ピッチングメソッド_2

全日本壮年大会は1986年からはじまった全国大会で各都道府県予選を勝ち抜いた48チーム(開催地は2チーム出場)が日本の頂点を目指す大会です。今回は、歴代の優勝チームを紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


 

目次

全日本壮年ソフトボール大会とは?

全日本壮年ソフトボール大会とは、日本ソフトボール協会のチーム登録規程で「同一都道府県内に居住又は勤務する40歳以上(当該年度4月1日現在)の男子によって編成されたチーム」と定められており、その中で、各都道府県予選を勝ち抜いた48チーム(開催地は2チーム出場)が日本の頂点を目指す大会です。壮年は生涯種別競技であり、試合・大会ではゴムボールが使用されています。

歴代優勝チーム一覧

第1回/1986年(開催地:山梨県)

優勝:稲沢OB(愛知県)

第2回/1987年(開催地:山梨県)

優勝:住金黒潮会(和歌山県)

第3回/1988年(開催地:山梨県)

優勝:京都壮年(京都府)

第4回/1989年(開催地:山梨県)

優勝:大月富士見台(山梨県)
優勝:武生壮友(福井県)
優勝:須屋クラブ(熊本県)
優勝:スーパーロビンス()
※雨天中止のため4チーム優勝

第5回/1990年(開催地:山梨県)

優勝:須屋クラブ(熊本県)

第6回/1991年(開催地:香川県)

優勝:小松スポーツ(石川県)

第7回/1992年(開催地:山梨県)

優勝:三菱重工名古屋OB(愛知県)

第8回/1993年(開催地:山梨県)

優勝:群馬選抜(群馬県)

第9回/1994年(開催地:山梨県)

優勝:塩山クラブ(山梨県)

第10回/1995年(開催地:山梨県)

優勝:塩山クラブ(山梨県)

第11回/1996年(開催地:山梨県)

優勝:大阪壮年選抜(大阪府)

第12回/1997年(開催地:山梨県)

優勝:富士ビル管理壮年(長崎県)

第13回/1998年(開催地:山梨県)

優勝:加ト吉友クラブ(香川県)

第14回/1999年(開催地:山梨県)

優勝:オール摂津クラブ(愛媛県)

第15回/2000年(開催地:山梨県)

優勝:オール摂津クラブ(愛媛県)
準優勝:土佐土建(高知県)
3位:八代球友会(熊本県)
3位:吉勝重建壮年(福井県)

第16回/2001年(開催地:山梨県)

優勝:長崎壮年ソフトクラブ(長崎県)
準優勝:鳴門クラブ(徳島県)
3位:朝倉体育会OB(高知県)
3位:加ト吉友クラブ(香川県)

第17回/2002年(開催地:山梨県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:福知山クラブ(京都県)
3位:住友金属鹿島壮年(茨城県)
3位:竜王体協壮年(山梨県)

第18回/2003年(開催地:山梨県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:吉勝重建壮年(福井県)
3位:広島クラブ(広島県)
3位:土佐土建(高知県)
 

スポンサーリンク


 

第19回/2004年(開催地:山梨県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:朝倉壮年(高知県)
3位:長崎壮年ソフトボールクラブ(長崎県)
3位:ケントスOSC(広島県)

第20回/2005年(開催地:山梨県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:ケントスOSC(広島県)
3位:上中産業壮年SBC(和歌山県)
3位:鳥坂ブルーワンクラブ(静岡県)

第21回/2006年(開催地:愛知県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:鳥坂ブルーワンクラブ(静岡県)
3位:福島北ソフトボールクラブ(福島県)
3位:スーパースターズ豊田(愛知県)

第22回/2007年(開催地:石川県)

優勝:住友金属鹿島壮年(茨城県)
準優勝:鳴門クラブ(徳島県)
3位:神郷壮年(愛媛県)
3位:福島北ソフトボールクラブ(福島県)

第23回/2008年(開催地:香川県)

優勝:鳴門クラブ(徳島県)
準優勝:福島北ソフトボールクラブ(福島県)
3位:大和ファルコン壮年(神奈川県)
3位:高松壮年クラブ(香川県)

第24回/2009年(開催地:青森県)

優勝:朝倉体育会(高知県)
準優勝:鳴門クラブ(徳島県)
3位:MZ-STARS(大分県)
3位:熊本大学倶楽部(熊本県)

第25回/2010年(開催地:大阪府)

優勝:ニコルズ(富山県)
準優勝:壮年大阪桃次郎(大阪府)
3位:ケントスOSC(広島県)
3位:吉勝重建壮年(福井県)

第26回/2011年(開催地:北海道)

優勝:住友金属鹿島壮年(茨城県)
準優勝:塩山クラブ(山梨県)
3位:ハッピークラブ(愛媛県)
3位:鳴門クラブ(徳島県)

第27回/2012年(開催地:熊本県)

優勝:吉勝重建壮年(福井県)
準優勝:ニコルズ(富山県)
3位:岡崎ミドルスターズ壮年(愛知県)
3位:住友金属鹿島壮年(茨城県)

第28回/2013年(開催地:島根県)

優勝:木次ミステリーズ(島根県)
準優勝:柏壮年ソフトボールクラブ(千葉県)
3位:八幡浜壮年(愛媛県)
3位:大和ファルコン(神奈川県)

第29回/2014年(開催地:山梨県)

優勝:ニコルズ(富山県)
準優勝:岡崎ミドルスターズ壮年(愛知県)
3位:塩山クラブ(山梨県)
3位:浜松クラブOB(静岡県)

第30回/2015年(開催地:京都府)

優勝:リースキン澤田(高知県)
準優勝:大和ファルコン(神奈川県)
3位:グリーンハート(埼玉県)
3位:オールいわきソフトボールクラブ(福島県)

第31回/2016年(開催地:宮崎県)

優勝:新見城山壮年クラブ(岡山県)
優勝:松山リハビリテーション病院SBC(愛媛県)
3位:上門工業(株)(沖縄県)
3位:KSC丸亀(香川県)
※雨天中止のため2チーム優勝

第32回/2017年(開催地:静岡県)

優勝:福岡スラッガーズ(福岡県)
準優勝:薩摩十の字丸SC(鹿児島県)
3位:大阪吹田クラブ(大阪府)
3位:広見クラブ壮年(愛媛県)

第33回/2018年(開催地:福岡県)

優勝:愛知親睦クラブ壮年(愛知県)
準優勝:(株)上門工業(沖縄県)
3位:MIE CLUB(三重県)
3位:大阪吹田クラブ(大阪府)

第34回/2019年(開催地:岩手県)

優勝:宮中クラブ(愛知県)
準優勝:岡崎ミドルスターズ壮年(愛知県)
3位:四街道40’s(千葉県)
3位:甲府コンバット(山梨県)

第35回/2020年(開催地:新潟県)

※新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で開催中止

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事