ソフトボール _ピッチングメソッド_2

2019年6月13日(木)~23日(日)の期間、チェコ・プラハで第16回世界男子ソフトボール選手権大会が開催されます。今年2月にニュージーランドを破った勢いそのままに優勝を目指します。


 

スポンサーリンク


 

【大会概要】

開催地:チェコ・プラハ
期間:2019年6月13日(木)~23日(日)
参加チーム
ニュージーランド、日本、アルゼンチン、チェコ、メキシコ、ボツワナ、フィリピン、キューバ、カナダ、オーストラリア、アメリカ、ベネズエラ、デンマーク、南アフリカ、オランダ、シンガポール
試合方式
予選リーグ
1グループ8チームの総当たり戦をおこない、上位4チームが決勝トーナメントへ進出

決勝トーナメント
各グループの上位4チーム。合計8チームでトーナメント戦を実施
 

スポンサーリンク


 

【選手】

《投手》

池田 空生(花王コスメ小田原)
小山 玲央(日本体育大学)
高橋 速水(高知パシフィックウエーブ)
寺原 瑞希(旭化成)
松田 光(平林金属)
山脇 佑也(デンソー)

《捕手》

大石 司(ホンダエンジニアリング)
片岡 大洋(高知パシフィックウエーブ)

《内野手》

井上 知厚(平林金属)
宇根 良祐(平林金属)
浦本 大嗣(ホンダエンジニアリング)
筒井 拓友(大阪桃次郎)
八角 光太郎(平林金属)

《外野手》

池田 寛人(愛媛ウエスト)
黒岩 誠亥(トヨタ自動車)
宮路 充(YKK)
森田 裕介(豊田自動織機)

スポンサーリンク

ウインドミル ピッチング教材

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?

球技の経験がないド素人だった私が、わずか3年でインターハイベスト8を達成した、バッターをことごとく打ち取る非常識な最強ウインドミル習得法とは?_応用編

普通の指導者では教えてくれないそんなありえない上達法をあなたは知りたくはありませんか?

ド素人だった私がソフトボールをはじめて

・わずか3年でインターハイベスト8を達成
・ソフトボールの国体選手に選ばれる
・球速は120kmを記録

を達成できたウインドミル習得法に興味がありませんか?

非常識なウインドミル習得を大公開!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事