LINEで送る
Pocket

魔球ナックルをウインドミルで投げよう!!

魔球と言われているナックルですが、野球だけで投げれるボールだと思ってませんか?

実はソフトボールでもナックルは投げる事が出来るんです。今回は魔球ナックルの投げ方を解説させて頂きます。

【ソフトボール-ウィンドミル習得 完全マニュアル】
 

スポンサーリンク


 

ボールの握り方は?

握り方は非常にシンプルで中指と人差し指を曲げる握り方になります。
2本指で握れない方は、「人差し指」「中指」「薬指」の3本を曲げる握り方でも大丈夫です。

縫い目は自分が握りやすい位置を探しましょう。

投げてみよう

動画でイメージをつかみましょう。

実際にどのようにして、ナックルを投げているのか解説していきます。

力を抜いてセットポジションに入ります。この時重心は後ろ足にある状態です。

セットポジションの時は後ろ足に乗せていた重心を前足に移動させます。

ナックルは握りが独特なので、手を後ろに引く時に見えてしまうと、打者にナックルを投げるとわかってしまうので、ボールを握っている手を後ろに引く人は握りが見えないように注意しましょう。

前に重心移動させながら、前足にタメをつくっていきます。

前足に全ての重心を乗せて、両足で一気に前に蹴り出します。

グローブをつけた腕は開かないように我慢しましょう。

グローブはこの時点では下に落ちないように意識します。グローブが落ちると身体が開いてしまいます。

 

スポンサーリンク


 

ここから一気に腕を振り下ろしていきます。

振り下ろす時、力を抜いてボールは上向きになる事を意識してください。

リリース時は、手首はひねったりせずに固定します。

中指と人差し指でボールの中心をキャッチャーに向かって押し出します。

ナックルは無回転する事で変化する球なので、ボールを回転させない事を意識しましょう。

リリースをした後は勝手に投球方向に腕が前に出てきます。

動画だと少しわかりにくいかもしれませんが、このような軌道になります。

習得するまでにかなり時間がかかる球種なので、まずは遊び半分で挑戦してみてください。

【投手プロフィール】
波多野一輝(はたの・かずき)
神奈川県出身。明徳義塾相洋高等学校から東海大学に進み、投手としてインターハイ、インカレに出場。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket