オンラインレッスン横長バナー

2019年8月29日(木)〜9月1日(日)の期間、愛知県安城市で開催される文部科学大臣杯第54回全日本大学女子ソフトボール選手権大会の出場校が決定しました。令和初のインカレはどこのチームが優勝するのでしょうか。


 

スポンサーリンク


 

出場校一覧

北海道・東北地区

東北福祉大学(17年連続17回目)
富士大学(10年連続15回目)

関東地区

山梨学院大学(11年連続11回目)
城西大学(17年連続17回目)
淑徳大学(4年連続25回目)
東海大学(7年連続31回目)
東京国際大学(2年連続8回目)
清和大学(2年ぶり8回目)

北信越地区

金沢学院大学(3年ぶり8回目)
松本大学(14年連続14回目)

東京地区

日本体育大学(54年連続54回目)
東京女子体育大学(54年連続54回目)
早稲田大学(15年連続16回目)
東京富士大学(8年連続8回目)
国士舘大学(9年連続25回目)
 

スポンサーリンク


 

東海地区

中京大学(35年連続44回目)
東海学園大学(12年連続18回目)
星城大学(3年連続3回目)
中京学院大学(3年ぶり3回目)

近畿地区

同志社大学(初)
園田学園女子大学(16年連続42回目)
太成学院大学(3年ぶり3回目)
龍谷大学(7年ぶり16回目)
武庫川女子大学(6年連続44回目)
関西大学(3年連続4回目)
大阪大谷大学(9年連続17回目)
立命館大学(2年連続17回目)

中国地区

IPU・環太平洋大学(13年連続13回目)
美作大学(6年連続6回目)

四国地区

環太平洋大学短期大学部(22年連続22回目)

九州地区

日本文理大学(4年連続9回目)
九州共立大学(3年ぶり3回目)

※校名変更があった学校は、旧名での出場回数を含みます。

スポンサーリンク

Softball Times ウィンドミル・ブラッシング note
note

Softball Timesではウィンドミル・ブラッシングのポイントや多くの人が習得する際に陥る注意点を"note"にまとめました!

特集ページには載っていない情報を"note"では見ることが出来ます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事