LINEで送る
Pocket

ソフトボールのバントって野球と違うの?

試合でセーフティバントや送りバントをする機会もあると思いますが、多くの方々は野球でもやっている一般的なバントをされているかと思います。

今回紹介するバントは皆さんがイメージされているような野球のセーフティバントではなく、ソフトボール特有のバントを解説していきます。

はじめて見る人もいると思いますが、このバントを実践する事が出来るようになれば出塁率アップ間違いなしですので、みんなで習得していきましょう。

【ソフトボール-バッティング習得 完全マニュアル】

 

スポンサーリンク


 

・ソフトボール特有のバントを習得しましょう

動画で見てみてイメージしましょう。

このバントの特徴は途中まで通常のバッティングと同じ構えなので、野手にバントと気づかれにくく、サードとファースとの出だしが悪くなり、また打球を殺す事も出来るのでセーフになる確率が高くなります。

まず、通常通り打つ時の構えをしてください。

ピッチャーが投球モーションに入ったらタイミングをとります。

ボールを呼び込んでいきます。

ピッチャーがリリースする位のタイミングで、左手をバットの真ん中当たりをもちます。

下半身は通常のバッティングと同じフォームで大丈夫です。

右手を離して、左手は手首を内側に少し巻きます。

ボールの軌道の位置にバットを持ってきます。

ボールがきたら、下半身はインパクとしたらすぐに走れるよう準備をします。

インパクの瞬間しっかりと顔を残して、左手首は内側から外側へひねりながらボールの軌道方向にバットを引いて、ボールの勢いを吸収するようにします。

この時手首はひねりますが、バットの位置はボールの軌道上のまま固定するイメージでひねってください。

インパクとしたらボールがどこに転がったか確認をします。

その後は一塁に向かって全力で走ってください。

スポンサーリンク

練習方法

ここまで具体的な説明をしてきましたが、簡単に出来る事ではないのでこれからお教えする練習方法を試してください。

このバントで難しいのは、ボールの勢いを殺す事なのでその練習をします。

バットをボールの軌道上に構えボールがきたら左手首は内側から外側へひねりながらボールの軌道方向にバットを引いて、ボールの勢いを吸収する練習です。

はじめはゆるい球で練習していきましょう。

【まとめて読みたい方】
ソフトボール-バッティング習得 完全マニュアル

【打者プロフィール】
杉本和樹(すぎもと・かずき)
神奈川県出身
飛龍高等学校(静岡)から東海大学(神奈川)に進み、内野手としてインターハイ第3位、インカレベスト16。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket